サービス終了のお知らせ
標本化定理
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
標本化定理(ひょうほんかていり、: sampling theorem: サンプリング定理とも)はアナログ信号デジタル信号へと変換する際に、どの程度の間隔で標本化(サンプリング)すればよいかを定量的に示す定理情報理論の分野において非常に重要な定理の一つである。
目次
1.概要
2.標本化定理の証明
3.抵抗と電圧のゆらぎについてのナイキストの定理
4.歴史的背景
5.脚注
6.関連項目
出典:Wikipedia
2019/10/13 23:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant