サービス終了のお知らせ
標準状態
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
標準状態(ひょうじゅんじょうたい)とは、物理学化学工学などの分野で、測定する平衡状態に依存する熱力学的な状態量を比較するときに基準とする状態である。標準状態をどのように設定するかは完全に人為的なものであり、理論的な裏付けはないが、歴史的には人間の自然認識に立脚する。
一般的には気体の標準状態のことを指すことが多く、圧力温度を指定することで示される。科学の分野により、また学会、国際規格団体によって、その定義は様々であり混乱が見られる。このため、日本熱測定学会は統一した値として、地球の大気の標準的な圧力である標準大気圧1 atm = 101.325 kPa)を用いるべきであると主張し啓蒙活動を展開している[1]
目次
1.標準圧力
2.温度と圧力の標準条件
3.気体の体積
4.物質の標準状態
├4.1.液体と固体の標準状態
├4.2.気体の標準状態
└4.3.溶液の標準状態
5.脚注
├5.1.注釈
└5.2.出典
6.参考文献
├6.1.書籍
└6.2.雑誌
7.関連文献
8.関連項目
9.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/01/14 02:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant