サービス終了のお知らせ
宝冠章
▼人気記事ランキング
4.運用
4.2.皇族に対する叙勲
皇族叙勲については、下記の皇族身位令(明治43年皇室令第2号)のとおり。

第十条 皇太子妃皇太孫妃ハ結婚ノ約成リタルトキ勲一等ニ叙シ宝冠章ヲ賜フ
第十二条 親王妃ハ結婚ノ礼ヲ行フ当日勲一等ニ叙シ宝冠章ヲ賜フ
第十三条 内親王ハ満十五年ニ達シタル後勲一等ニ叙シ宝冠章ヲ賜フ
第十五条 王妃ハ結婚ノ礼ヲ行フ当日勲二等ニ叙シ宝冠章ヲ賜フ
第十六条 女王ハ満十五年ニ達シタル後勲二等ニ叙シ宝冠章ヲ賜フ
上記の条文に則り皇族に対する叙勲が行われた。女王王妃として勲二等宝冠章を賜った後、個々の勲功によって勲一等宝冠章に陞叙された女性皇族も多く存在した。昭和22年に皇族身位令は廃止されたが、それ以降は旧皇族身位令をおおよそ踏襲した慣例により以下のような叙勲が行われている。

宝冠大綬章(勲一等宝冠章)が授与される場合
皇后皇太子妃及び親王妃の結婚の儀を行う当日
内親王が満20歳を迎えた日
宝冠牡丹章(勲二等宝冠章)が授与される場合
王妃が結婚の儀を行う当日
女王が満20歳を迎えた日
旧制度下における勲一等宝冠章の受章者は下記のとおりである。下の表に記した57名はいずれも日本国の皇族、またはそれに準ずる身分として授与されたもので、外国人に対する儀礼叙勲の類は含まれない。

[4]前ページ
(4.1.外国人に対する儀礼的叙勲での運用)
[6]次ページ
(5.受章者一覧)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/14 06:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant