報道番組
▼人気記事ランキング
4.ニュース番組のワイドショー化
4.2.具体例

キャスターのタレント、アイドルの起用[編集]


欧米、アジア、中東主要国のテレビ局にてニュースキャスターはアンカーマン制を採用し、主に報道記者、局アナウンサーが担当しているが、2000年以降、夕方のニュース番組及びプライムタイムの番組のキャスターにニュースの知識において専門外である、アイドル及び俳優女優のキャスター起用が増えた[12]
タレントの報道番組のキャスターの走りは、サンデープロジェクト(テレビ朝日)に出演していた島田紳助であったが[13]、その後日本テレビの夕方及びプライムタイムのニュース番組を例にしてアイドル、タレント、女優、元スポーツ選手をキャスターに起用するケースが増えた。

他ジャンル番組の演出[編集]


ワイプで出演者の表情をストレートニュースのコメントや特集VTRにインサートする演出を行っている。
また、画面の上下にテロップの常時表示、効果音BGM、CM跨ぎのザッピング対策、VTRナレーションナレーター(局アナ、声優、タレント等)が読む等の演出が行われる[注 3]

番組専属リポーター[編集]


欧米、中東、アジア主要国のテレビ局で放送されているニュース番組では報道局の記者、特派員が現場取材を行い、VTR報告する演出を取っているが、日本の地上、衛星波放送局のニュース番組では報道内容では局アナウンサーや芸能プロダクション所属のリポーターや番組ディレクターが取材する。地方で発生した事件や事故でも話題性がありそうなものはキー局のクルーが乗り込んで取材・中継する。結果として報道記者が登場する機会が減る。

ソフトニュース[編集]


芸能ネタで芸能人及び著名人の結婚・離婚会見などとしては大きなニュースがあると、各局揃って芸能ニュースがトップ扱いという場合がある。稀に不倫や交際発覚だけで全国ニュースネット枠で伝えるテレビ局が存在する。
自局が制作したドラマ、バラエティの新番組や特別番組ならびに映画、あるいは舞台番組宣伝でアイドル、俳優、女優、タレントが生出演することがあり、早朝の情報番組からハシゴして出演し、夕方の報道番組が終点となっている。

特集VTR[編集]


2018年4月時点で、平日の民放キー局のニュース番組の放送時間が長時間化しワイド番組として前放送枠にて放送している情報番組と連動させる編成を取っている。そのため、番組構成の中でソフトニュースの比率が高くなり、特集VTRを流す時間が増えている。内容としてグルメ情報や激安ディスカウント情報、下世話な人間トラブル、さらには芸能ゴシップ情報等の「企画物」を放送する。18時台のローカル枠のみならず、17時台のキー局ネット受け枠でも企画物を扱っている。そのため、テレビ局側が特集VTRを制作する番組制作会社にアプローチを掛けて、特集VTR制作している[14]

その内容も、取り上げられる話がネットワークネット受けの場合でも、グルメ情報やトレンド情報において首都圏のを話題に取り上げる事が多く、逆にマナー問題では首都圏よりも京阪神中京圏等の他地域の内容取り上げている時もあり、逆に首都圏でのマナー問題を取り上げる比率が少ないので、他地域を貶めて東京を優位にしたい一種の偏向報道と批判される場合がある[注 4]

放送局によっては特集VTRの同じ内容を別のニュース、情報番組(ワイドショー)で焼き直しを行うケースが存在しており、番組独自の特集と銘打っていることがある。「番組の独占取材」と言いながら同じ局内及び系列放送局の他番組でも「番組の独占取材」あるいは「局の独占取材」と言って同じインタビュー映像を使いまわしている例がある。系列局のキー局もしくはローカルニュースで取り上げた特集もナレーションと若干のテロップであたかも「番組独自の取材」とした局も存在する[15]

コメンテーターのコメント[編集]


ニュース内容の解説として放送局、クロスオーナーシップの新聞社、通信社の解説委員編集委員論説委員や報道局の記者、ジャーナリスト及び職業コメンテーターが出演している。コメンテーターが内容によって自身の専門知識を有しない内容に対し、論理的な分析では無く感情をあらわにして非難する発言する場合がある。そのため「公平中立ではない」、「自分のコメントに酔っている」など厳しい意見が出ている[16]
コメンテーターをニュース解説の立場として置いて様に見られるが、番組制作の側からは専門的な話ばかりでは視聴率が取れ無いので「一般視聴者の意見と同レベルの感想を代弁する」という立ち位置から置いていると主張している[17]

[4]前ページ
(4.1.ワイドショー化の歴史)
[6]次ページ
(4.3.ワイドショー化への批評)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/12 22:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/25 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位唐田えりか
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant