母親
▼人気記事ランキング
5.「働く女性」にとっての母親
「女性=母性」ととらえ、経営者としての女性から「母性」を「万人に降り注ぐの力」だと積極的に認識することで仕事に活かそうという経営思想がある。男女の性差を、むしろ自然から与えられた素晴らしいものと考えることで、かえって社会で女性(=母性)の力を発揮できる、ということである。また家庭においては女性が自ら「子育ては100パーセント母親の責任」と考えることで、かえって父親のサポートの一つ一つを心から感謝することが出来、その結果として、結局「半分・半分の育児」を口で主張するよりも多くの父親のサポートを得られ、子供からの尊敬も受けられる、ということである。母性の重視は「働く女性」を否定するものでないのと同時に、また「働く女性」を家庭の家事や育児に専念する専業主婦よりも価値を高いと考えるものでもないのである[2]

[4]前ページ
(4.心理学上の母親)
[6]次ページ
(6.母性の個人差)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/13 16:00
ソ人気記事ランキング
2019/09/21 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位逆鉾昭廣
 4位9月20日
 5位熊谷連続殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant