歩留まり
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
歩留まりあるいは歩止まり(ぶどまり)とは、製造など生産全般において、「原料素材)の投入量から期待される生産量に対して、実際に得られた製品生産数(量)比率」のことである。また、歩留まり率(ぶどまりりつ)は、歩留まりの具体的比率を意味し、生産性効率性の優劣を量るひとつの目安となる。例えば、半導体製品では、生産した製品の全数量の中に占める、所定の性能を発揮する「良品」の比率を示す。歩留まりが高いほど原料の質が高く、かつ製造ラインとしては優秀と言える。
英語yield rateイールドレート)は、日本語の「歩留まり」および「歩留まり率」とおおよそ同義。
目次
1.概要
2.歩留まりと技術
├2.1.半導体製品と歩留まり
├2.2.初期の半導体製造
└2.3.工業における歩留まり向上に関する考察
3.食料生産と歩留まり
4.脚注
5.参考文献
6.関連項目
出典:Wikipedia
2019/01/03 00:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/20 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位9月19日
 5位逆鉾昭廣
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant