保護する責任
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
保護する責任(ほごするせきにん、: Responsibility to Protect)は、自国民の保護という国家の基本的な義務を果たす能力のない、あるいは果たす意志のない国家に対し、国際社会全体が当該国家の保護を受けるはずの人々について「保護する責任」を負うという新しい概念である。略称はR2P又はRtoP
従来の人道的介入の概念に対する先入観を払拭し、新たに軍事的・非軍事的介入の法的・倫理的根拠を模索することを目的に、2000年9月にカナダ政府によって設置された介入と国家主権に関する国際委員会(ICISS)が作成した報告書に基づいて定義された。その基本原則について、2005年9月の国連首脳会合成果文書において認められ、2006年4月の国連安保理決議1674号において再確認された。
目次
1.基本理念
├1.1.不干渉原則に優先する理由
└1.2.3つの包含要素
2.経緯と現在
3.軍事行動の正当化要件
4.具体案
5.最近の動き
├5.1.2007年
├5.2.2008年
├5.3.2009年
└5.4.2011年
6.脚注・参照
7.関連項目
8.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/12/31 12:01
ソ人気記事ランキング
2019/08/24 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位山本美香
 5位文京区幼女殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant