変体仮名
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
変体仮名(へんたいがな)は、平仮名字体のうち、1900年(明治33年)の小学校令施行規則改正以降の学校教育で用いられていないものの総称である。平仮名の字体の統一が進んだ結果、現在の日本では変体仮名はあまり使用されなくなったが、看板書道、地名、人名など限定的な場面では使われている[1]異体仮名(いたいがな)とも呼ばれる[2]。また、ケンペル日本誌では、大和仮名(やまとがな)とも表記されている[3]
変体仮名に対し、現在使われている字体を「現用字体」「現用仮名」「正体仮名」「本則仮名」と呼ぶ。また、変体仮名の使い分け(現用字体を含む)のことも「変体仮名」と呼ぶことがある[4]
以(い)
江(いぇ)
於(お)
可(か)
起(き)
古(こ)
志(し)
春(す)
多(た)
奈(な)
能(の)
者(は)
由(ゆ)
連(れ)
路(ろ)
王(わ)
目次
1.概要
2.用法
3.衰退
4.現代での用途
└4.1.変体仮名の現代における使用例
5.電子機器上での扱い
├5.1.Unicodeへの採用
└5.2.表示可能なフォント
6.Unicodeにおける変体仮名の一覧
7.変体仮名の実例
8.脚注と参考文献
9.関連書
10.関連項目
11.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/09/12 12:00
ソ人気記事ランキング
2019/11/13 更新
 1位日本
 2位リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
 3位11月12日
 4位IT (映画)
 5位田代まさし
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant