碧南市パチンコ店長夫婦殺害事件
▼人気記事ランキング
2.事件の概要
2.1.事件発生までの経緯
1998年5月頃、Aは兄から、兄の経営する会社名義で購入した自動車ローン代金の支払を強く求められた[判決文 1]。また、同時にAは消費者金融などからの借金を抱え、これらの債務を弁済する資金を必要としていた[判決文 1]
閉店後のパチンコ店から現金を強奪することを企てたAは[判決文 1]、仕事仲間だったBに「金を持っている人を狙おう」と相談し[報道 12]、Bを犯行に誘い入れた[判決文 1]。Aは、パチンコ店を数軒回り、同県尾張旭市にあるパチンコ店に目を付けた[判決文 1]。A・B両名は事件当時、自動車運転免許を持っていなかったが、Aは普段から車を無免許運転し[報道 27]、兄とともに[報道 16]、パチンコ店に客として出入りしていた[報道 27][報道 16]
A・Bは、まずビニールひもや軍手などを準備し、店に強盗に入る機会をうかがったが、複数の従業員が残っており、実行には至らなかった[判決文 1]
Aはその後、同店の店長であった[判決文 1]、碧南市油渕町4丁目在住の男性(当時45歳)を尾行し[報道 1]、その自宅を突き止めた上、電話帳で男性方の電話番号を調べ、アンケート調査を装って電話をかけ、家族構成を調べるなどした[判決文 1]。また、さらに同じく同僚だったCも誘って仲間に引き入れ、男性方で男性を待ち伏せ、パチンコ店の鍵を奪い、店内の現金を盗み出す計画を立てた[判決文 1]。男性は、パチンコ店運営会社の営業部長を務めつつ、尾張旭市内の店に店長として派遣されていた[報道 1]
[4]前ページ
(1.3.被告人C)
[6]次ページ
(2.2.事件発生)

12. 『中日新聞』2012年8月5日朝刊35面「碧南夫婦強殺『金持っている人狙う』パチンコ関係者 A容疑者ら把握」「『事件後帰郷無口に』C容疑者の両親話す」「闇サイト事件当初パチンコ店狙う A容疑者『一線越えたことある』」
17. 名古屋地裁刑事第4部判決、2015年12月15日、平成24年(わ)第1701号/平成25年(わ)第156号
31. 『中日新聞』2012年8月10日朝刊第二社会面30面「碧南夫婦強殺 『当日初めて現場へ』 B容疑者供述 A容疑者指示で」

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/12/29 09:34
ソ人気記事ランキング
2018/01/18 更新
 1位軽井沢スキーバス転落事故
 2位海月姫
 3位キリングバイツ
 4位有安杏果
 5位1月17日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant