米州機構
▼人気記事ランキング
1.設立の経緯やその後の経過
1890年に発足した米州国際共和国連合(International Union of American Republics)と、1910年に発足した汎米連合(Pan American Union、米州連合とも)が前身。

1948年 - コロンビアのボゴタ米州機構憲章が調印される。
1951年 - ボゴタ憲章に基づいて発足。当初は、アメリカ主導の反共主義同盟の色合いが濃く、アメリカによる中南米支配の道具と言われた。
1960年8月 - ベネズエラ大統領暗殺未遂事件でラファエル・トルヒーヨ政権下のドミニカが除名され、経済制裁を科される。同年7月にOASで採択された米州相互援助条約の初適用。
1962年 - キューバ危機を期にキューバが除名される。
1965年 - ドミニカ内戦で平和維持活動として米州平和軍を派遣する。
2001年6月 - 第31回総会がコスタリカで開催され、加盟国を民主主義(≒資本主義)国に限定すべしという提案がアメリカより為されたが、採択されなかった。
2002年4月 - ベネズエラ政変でウゴ・チャベス政権の正当性を認めた。
2003年4月 - ベネズエラで国民和解の仲介をした。
2005年5月 - 事務総長にチリで内務大臣を務めたホセ・ミゲル・インスルサが就任した。米国が支持しなかった候補が選ばれたのは同機構の歴史ではじめて。
2009年
4月 - 17日から3日間、トリニダード・トバゴの首都ポートオブスペインで第5回首脳会談が開かれた。
6月2日 - ホンジュラスのサンペドロスラで総会。総会ではキューバを追放した1962年の決議無効を決定し、キューバの復帰を認めた[1]。しかしキューバはラウル・カストロ国家評議会議長が「OASは消え去るべき略語」、フィデル・カストロ前議長も「ゴミ溜め」とこき下ろしており復帰を拒否した。キューバは2015年のキューバの雪解けまで米州首脳会議に出席できなかった。
6月28日 - 緊急会合で、ホンジュラス軍事クーデターを非難。追放された大統領ホセ・マヌエル・セラヤ・ロサレスの即時無条件復帰を求める決議を採択[2]。7月4日までに復職させるよう申し入れたものの期限を過ぎても実行されなかったため、同日を以って構成国資格停止。
2010年
3月 - 事務総長選挙が行われ、ホセ・ミゲル・インスルサが満場一致で再選[3]
11月13日 - ニカラグアとコスタリカの間で国境紛争が激化していることに関して、紛争地帯から軍隊を撤退するよう求める決議を採択。国境紛争は、両国の間を流れるサン・フアン川の河口にあるカレロ島の領有権争いで、19世紀から何度か交渉が行われているが未解決のままである。事の発端は、ニカラグアが10月中旬、麻薬組織取り締まりのために同島に軍隊を派遣したことに始まる。コスタリカ政府は、自国領土への侵略として、米州機構に提訴した。13日、ワシントンの米州機構本部で常設評議会は、両国の対話開始を要請する決議案を22ヵ国の賛成で採択した(棄権3、反対2、欠席7)。コスタリカ政府は決議を歓迎、ニカラグア政府は反発。14日、大統領ダニエル・オルテガはOASからの脱退を真剣に検討しなければいけないと発言[4]
2011年
1月7日 - インスルサ事務総長は、前年末ベネズエラ国会[5]で成立した大統領授権法[6]をOASの民主主義憲法に違反すると批判した。同事務総長は旧国会が新国会の権限を18ヶ月間制限し、民主主義国家では考えられないことと批判。ベネズエラのチャベス政権は内政干渉として反発している。
マヌエル・セラヤ大統領の帰国に伴いホンジュラスが復帰。
12月2日 - ベネズエラの呼びかけでラテンアメリカ諸国により、北アメリカ(アメリカとカナダ)を排除しキューバを受け入れる「ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体」が結成される。
2013年
7月9日 - 緊急会合で、ボリビア大統領専用機がヨーロッパ各国(フランス、ポルトガル、イタリア、スペイン)から着陸拒否を受けた問題を巡り、この4ヶ国を非難しボリビアへの連帯を全会一致で決議[7]
2017年
4月26日 - 国内の反政府デモへの対応に、機構参加国からの強い非難を受けていたベネズエラが脱退を表明。正式な脱退までは2年ほどかかると見られている[8]
[6]次ページ
(2.機構)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/03/19 21:00
ソ人気記事ランキング
2019/07/18 更新
 1位日本
 2位しみけん (AV男優)
 3位伊藤春香 (編集者)
 4位7月17日
 5位ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant