サービス終了のお知らせ
閉塞 (鉄道)
▼人気記事ランキング
9.閉塞によらない方法
9.1.列車間の間隔を確保する装置による方法
新幹線やデジタルATCなど、ATCで制御されるのを条件とし、閉そく区間に依存せずATCの間隔制御のみにより運転する方法。これらのATCは、地上から送信された速度情報ではなく、先行列車との距離情報と当該車両の減速度をもとに列車の間隔を制御しているため、ある特定の1区間を1つの列車に占有させるという閉塞の概念ではなく、ATCによって列車間の間隔を安全かつ適切な間隔に調整するという概念に変化している。ただし列車検知は従来通り軌道回路としている。これは日本の鉄道有余年の歴史上初めての概念となり、一般的にはまだ馴染みがない。このため閉塞方式の対義語としてATC方式[2] (PDF) ともいう。JR東日本では2011年より列車検知を軌道回路に依存しないATACSと呼ばれるシステムを実用化している。[11][12]「車内信号閉塞式」と異なるのは閉塞区間をもたないため駅間に閉塞区間の境界を示す「閉塞標識」がないこと。但し、停車場内外の境界を示す必要性があることからそれに相当する標識は建植してある。

その他、JR北海道が、GPS(衛星による位置情報装置)を使った方式を検討中である。

[4]前ページ
(9.閉塞によらない方法)
[6]次ページ
(9.2.動力車を操縦する係員の注意力による方法)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/05 00:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant