サービス終了のお知らせ
平和台野球場
▼人気記事ランキング
1.歴史
1.2.ライオンズ撤退からホークス誘致まで
ライオンズ移転後の1978年12月、福岡市と地元企業による第三セクターの興業会社「平和台野球株式会社」が設立され、本拠地球団なき本球場での公式戦開催を支援した。翌1979年には2億6000万円をかけて、グラウンドを西日本初の全面人工芝に一新している。このような取り組みにより、1979年以後は主に西武ライオンズ(1979年は主催10試合を含め17試合開催。特に5月にはホーム扱いでの近鉄バファローズ戦7試合、8月にはビジター扱いの近鉄戦と日本ハムファイターズ戦、並びにホーム扱いの阪急ブレーブス戦が各3試合ずつ=計9試合がそれぞれ集中的に開催された)を中心としてプロ野球各チームによる公式戦が年間20〜30試合程度開催された。

ちなみにこの間、本球場で主催・主管試合を開催しなかったのは中日ドラゴンズのみだが、これは「原則として中日新聞北陸中日新聞も含む)の販売エリアで主催試合を行う」という同球団特有の“暗黙の了解”が影響したと考えられる。また、広島東洋カープは公式戦での主催試合は行わなかったが、1981年3月28日にオープン戦で主催試合(対近鉄戦)を開催している他(出典:読売新聞・岡山版、1981年3月28日、テレビ・ラジオ欄。広島ホームテレビが中継)[3]、1984年の日米野球でホームゲーム扱いの試合を開催した(ただし主催は読売新聞社だった)。

なお、読売ジャイアンツの主催試合は読売新聞社報知新聞社スポーツ報知)・日本テレビの主催、福岡放送の後援による自主興行扱いで開催した。

1987年7月8日南海ホークス対ロッテオリオンズのサスペンデッドゲームの続行試合が行われたが、これは同年5月23日柏崎市佐藤池野球場新潟県柏崎市)での試合が雨天などの影響で日没サスペンデッドになったもので、地方球場の場合は後日別球場での開催が認められることによる処置として行われた(本来は7月7日に予定されていたが、雨天のため順延された)。なお、これはサスペンデッドの続きの試合が地方球場で行われた唯一の例だった(ただし専用球場以外という観点で見れば、1954年の近鉄パールス東映フライヤーズ戦が中断の前、後とも中日(現:ナゴヤ)球場で行われた例がある)。

また、1984年に稲尾和久がロッテの監督に就任した際、将来的に本拠地を当時の川崎球場神奈川県川崎市)から本球場に移転することを条件に監督要請を受託したとされているが、実現には至らなかった。

[4]前ページ
(1.1.ライオンズ時代)
[6]次ページ
(1.3.ホークス時代)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/18 14:40
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant