平等主義
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
平等主義(びょうどうしゅぎ、: egalitarianism[1]: ?galitarisme)は、特定の資格能力責任義務を有する範疇内の人間達、もしくは全ての人間(万人)が、法的・政治的・経済的・社会的に公平・同等に扱われるようになることを志向する思想・信条・主張のこと。
自由主義などと共に、近代における人権概念を支える主要な柱である一方、人権概念そのものが、そもそも平等主義に立脚している(そうでなければ、「人権」という概念そのものが成立しない)という点で、平等主義は近代社会思想における他の一切の思想・信条・主張に対して優越しており、近代政治社会思想の根幹を成している。また、当然のことながら、民主制と不可分な関係にある。
目次
1.概要
2.歴史
├2.1.近代以前
└2.2.近代以降
3.批判
├3.1.近代以前
├3.2.近代以降
└3.3.機会の平等と結果の平等
4.人類外への拡張
├4.1.近代以前
├4.2.近代以降
└4.3.批判
5.脚注・出典
6.関連項目
7.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/06/30 22:01
ソ人気記事ランキング
2019/08/26 更新
 1位日本
 2位飯田祐基
 3位文京区幼女殺人事件
 4位肥後亨
 5位名古屋小6受験殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant