平成23年台風第12号
▼人気記事ランキング
2.概要
2011年(平成23年)8月25日マリアナ諸島付近で発生した、2011年(平成23年)中では、12番目の台風である。発生後徐々に発達しながら北上したが、亜熱帯高圧帯気圧の尾根太平洋高気圧によって進路を失い、小笠原諸島近海に停滞。一時西に進んだ後、勢力を保ちながら再びゆっくりと北上し、四国地方へ上陸。その後も速度を速めることなくほぼ真北へと進路を取り、岡山県鳥取県を縦断し日本海へと抜けたのち温帯低気圧となった。温帯低気圧になった後、日本海上でも偏西風による方向転換はなく北海道の西岸沖に向かっていき、北海道南東の海上から近づく台風13号も影響して伊達市で1日の降水量240.5ミリを記録する[11]など、東北・北海道に大雨を降らせた。なお当初の予報では小笠原諸島からそのまま北上し関東地方や東北地方の太平洋側を通過するものとみられていた。
台風が大型で動きが遅かったため長時間にわたり周辺の非常に湿った空気が流れ込み、西日本から北日本にかけての広い範囲で大雨となった。特に台風の中心から東側に位置した紀伊半島では総降水量が広い範囲で1,000mmを超え、奈良県上北山村にあるアメダスでは72時間雨量が1976年からの統計開始以来、国内の観測記録を大幅に上回る1,652.5mm、総降水量は1,808.5mmに達し、一部の地域では解析雨量が2,000mmを超えるなど記録的な大雨となり各地で甚大な被害をもたらした[12][13]

[4]前ページ
(1.進路の経過)
[6]次ページ
(3.1.大雨)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/08 02:01
ソ人気記事ランキング
2019/12/07 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 b
 4位HR 8799 d
 5位ガイナックス
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant