平成
浮気|てんびん座|霊視
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
2.時代の流れ
2.7.宗教史・社会思想史
【参考文献】 『平成宗教20年史』(出版社:幻冬舎新書、出版年度:2008年〈平成20年〉、著者:島田裕巳
1995年(平成7年)にオウム真理教が関係した宗教団体によるテロ事件松本サリン事件地下鉄サリン事件が発生した。[66]1993年(平成5年)の細川内閣羽田内閣1999年(平成11年)の小渕内閣以降の自公連立政権では創価学会を支持母体とする公明党が連立政権に参加した。[67]オウム真理教によってカルト宗教政党の真理党1989年(平成元年)に結成された。[68]新宗教団体が政治権力を持ち、2009年(平成21年)には幸福の科学によって幸福実現党が結成された。[69]公明党の支持母体の創価学会員の票が自由民主党候補の小選挙区制度による援護射撃の支援をして重要な支持層となった[70]
黄文雄渡部昇一が唱えた韓国併合後の朝鮮総督府によって、日本統治時代の朝鮮が植民地統治や投資によって朝鮮半島近代化大日本帝国が貢献した近代化論が誕生した。山野車輪が執筆した嫌韓流がブームとなる。小林よしのりが執筆した『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』の影響を受けた若者が急増した。平成20年代になって在日特権を許さない市民の会(在特会)など、「行動する保守」と言われる極右団体が、反韓デモを主催して、公然とヘイトスピーチを行うようになった[71]
経済思想では格差社会グローバル資本主義を肯定する新自由主義グローバリズム思想が支持を集める。一方、貧困層の急増により反新自由主義・反グローバリズムプレカリアートローカリズムなどの運動も活発になっている。
昭和時代(戦前の大日本帝国期)に国家神道によって現人神であった昭和天皇重体となり、1988年(昭和63年)の秋からの自粛騒動の間に、昭和から平成に改元された。元号法によって元号が平成と発表された1989年(昭和64年)1月7日から1日の猶予期間を設けて1989年(平成元年)1月8日になった1989年(平成元年)には、昭和天皇に対する殉死として、この時代まで生き残っていた元大日本帝国軍人たちや右翼関係者の自殺がみられた。
吉田清治の著書として出版された『私の戦争犯罪』の内容で、強制連行をしたとする吉田証言があった。平成初期にそれを発端とする従軍慰安婦問題が左翼によって問題化される。1992年(平成4年)に宮澤喜一総理大臣が日韓首脳会談で8回も謝罪をして、大韓民国に「真相究明」を約束する。
平成期は宗教の時代と呼ばれてこれらの新新宗教が、自分探しの若者たちを信者にして、一時的に台頭した。しかしオウム真理教が起こした事件が次々と明るみに出たこともあり、1996年(平成8年)以降は新新宗教は退潮傾向である。霊友会インタートリップによる路線を開始した。統一教会(世界基督教統一神霊協会)による日本の芸能人も参加した教祖が結婚相手を決める合同結婚式が注目されて霊感商法が問題化する。2012年(平成24年)9月3日に教祖の文鮮明が死去した。
以下が平成期に台頭した新新宗教である。
世界真光文明教団
崇教真光
神霊教
統一教会
幸福の科学
エホバの証人[72]
大日本帝国時代の不敬罪の意味などを知っている国体天皇制)教育を受けた明治生まれや大正生まれ(大正世代)の大部分が死去した2000年代から、愛子内親王眞子内親王佳子内親王に特別な親しみを持っている昭和戦中生まれ世代・戦後生まれ世代を中心に女系天皇論や女性宮家の創設を唱えるものが現れ、男系天皇が男女平等や伝統の観点で議論となる。
明治生まれと大正生まれ(大正世代)に多かった尊皇主義者などの伝統的保守層が高齢化による死亡で減少する。戦後左翼となった明治生まれと大正生まれの日本社会党員や日本共産党員に加えて、昭和一桁1926年(昭和元年生まれ)〜1934年(昭和9年生まれ))世代から〜昭和10年代の戦中に生まれた焼け跡世代と戦後生まれの団塊の世代の左翼は多くは高齢化で死亡したり思想が転向して、グローバリズム格差社会を肯定する新保守主義が都市部の中高年層に広がる。天皇に興味がない皇室無関心層・政治無関心層・無党派層が増加して、マスコミや国民の間で皇室の芸能人化が進む。コンピューターの発達などによって、元号使用者が減少して西暦使用者が増加する。
1955年(昭和30年)あたりから生涯に子供の産む数が平均で2人となり、子供が女子のみの家庭が急増した。その結果、墓や家の断絶が急増する。
人権問題部落問題として、野中広務に対する麻生太郎の総理にしてはいけないとする部落差別発言や、公人大阪府知事大阪市長となった橋下徹出自江戸時代穢多非人身分末裔で親族が暴力団関係者であること)や同和地区出身であることを否定するマスコミ週刊新潮週刊文春週刊朝日)による部落差別報道などの人権侵害があった。
大人」への社会通念が揺らいだ。就職氷河期世代の若者が安定した職に就けないことや、親から自立できないことが社会問題となった。
イスラム教聖典コーランを批判した「悪魔の詩」を翻訳した五十嵐一が過激なイスラム教徒に殺害される悪魔の詩訳者殺人事件が起きる[73]
死者の葬儀は、個人の家や檀家である寺や自治会から、葬儀業者による葬儀が主流となる。葬儀の多様化の流れが進み、散骨などの自然葬が認められて、平成10年代以降は簡素な神式の葬儀が増加する。平成20年代には高齢層の間でエンディングノートや葬儀などの終活がブームとなる[74]
日蓮正宗1991年(平成3年)に創価学会を破門にする[75]
マインド・コントロール流行語となる。
以下の非科学現象ブームがあった。
サイババブーム[76]
アガスティアの葉の個人の人生についての予言ブーム
インド占星術ブーム
細木数子六星占術ブーム[77]
ホラーブーム
1973年(昭和48年)に五島勉が執筆したノストラダムスの大予言を発端とする1999年(平成11年)7の月に恐怖の大王が降ってきてアンゴルモアが蘇りマルスが幸福の内に支配するだろうのノストラダムス人類滅亡予言ノストラダムス現象ハルマゲドンブーム[78]
平成24年12月21日マヤ文明の終了を意味する2012年人類滅亡説が唱えられた。
1994年(平成6年)に四月会が結成されて、創価学会を批判する団体が誕生して、公明党が解党されて新進党に合流をする。平成初期にオウム真理教によって、上九一色村サティアンが建設された。オウム真理教の幹部で「科学技術省大臣」と称された村井秀夫が殺された村井秀夫刺殺事件があり、麻原彰晃が警察に逮捕され、死刑判決を受ける。その他複数のオウム真理教が関連した事件でオウムの幹部が死刑などの重い判決を受ける。
1995年(平成7年)にフランスがカルト対策の引き金となる議会報告書「フランスにおけるセクト」を提出。日蓮正宗・創価学会を初めとしたフランスに拠点を置く宗教団体が全てセクト対象となった。
キリスト教世界カトリック)では、平成期にローマ教皇が2度代わり3代のローマ教皇が在位して、コンクラーヴェが2度開催される。ヨハネ・パウロ2世2005年(平成17年)に死去した。後継を選出するコンクラーヴェが開催されて高齢のラッツィンガー枢機卿がベネディクト16世としてローマ教皇となり、ツイッターなどの発信を試みて(2005年(平成17年)-2013年(平成25年))まで在位したが、高齢を理由に引退した。2013年(平成25年)に初のイエズス会修道会)所属で南米アルゼンチン)出身のベルゴリオ枢機卿がフランシスコとしてローマ教皇となった。
公安審査委員会は、公安調査庁長官破壊活動防止法の請求を棄却する決定を下した。オウム真理教は「アレフ」に名称を変更した。2007年(平成19年)に旧オウム真理教はアレフと上祐史浩が独立して新しく設立した宗教団体のひかりの輪に分裂した。法の華三法行の不法な資金集め事件があり、教祖福永法源が逮捕された。
1997年(平成9年)に酒鬼薔薇聖斗を名乗る少年により神戸連続児童殺傷事件が起きて、少年犯罪や成人後も秋葉原通り魔事件を犯した彼らの世代(昭和57年度生まれの酒鬼薔薇世代)の宗教観・倫理観・哲学・人生観が注目される[79]
2000年(平成12年)前後には、キレるという言葉が流行し始めた。さらに、その頃17歳前後(1982年〔昭和57年〕生まれを中心に1985年〔昭和60年〕生まれ)までの世代が凶悪犯罪を起こしたことから「キレる17歳」と称された。
2001年(平成13年)、フランス下院セクト調査委員会によって、創価学会がカルト宗教の指定を受ける。森喜朗首相による神の国発言があった[80]9・11テロ事件があり、キリスト教イスラム教の構図でアメリカ合衆国による対テロ戦争が始まった。
2011年(平成23年)には、アラブの春による民主化ドミノが起きて、国際テロ組織アルカーイダの最高指導者であるウサーマ・ビン・ラーディンの死があった。
日本の総理大臣靖国神社の参拝問題(靖国神社問題)が中華人民共和国大韓民国朝日新聞など日本の左翼によって問題化される。謎の白装束集団のパナウェーブ研究所が注目される[81]
21世紀になり男女思想(カテゴライズ)として草食系男子という概念が誕生した。
血液型性格分類が盛んになり、2004年(平成16年)には、BPO(放送倫理・番組向上機構)が「血液型によって人間の性格が規定されるという見方を助長することのないよう要望する」との声明を発表[82]。一方で、『□ (A, B, O, AB) 型の自分の説明書』の4冊すべての本が2008年(平成20年)の年間ベストセラーとなった。
主にネット上で世代区分論が盛んになり団塊の世代バブル世代団塊ジュニア氷河期世代ゆとり世代などの世代が認知されるようになった。その他にも、スポーツで有名な選手の世代や優秀な選手が集まる世代に対しても松坂世代、マー君・佑ちゃん世代、黄金世代、プラチナ世代などと世代で呼ばれるようになった。
オセロ中島知子が洗脳被害に遭うなど占いがビジネスとなり占い師による洗脳などの悪徳商法詐欺霊能者による霊感商法が問題となる。
平成20年代に神社仏閣の朱印状収集がブームとなる。
恋愛占い|愛内里菜|おひつじ座
六星占術|手相|賃貸
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(2.6.文化史)
[6]次ページ
(2.8.社会問題)

66. 『平成宗教20年史』91頁〜93頁
67. 『平成宗教20年史』76頁〜77頁
68. 『平成宗教20年史』36頁〜40頁
69. 『平成宗教20年史』45頁
70. <参考文献>『平成宗教20年史』(幻冬舎新書、2008年(平成20年)、島田裕巳)- <書籍要約>平成元年、週刊誌が坂本弁護士事件を報道して糾弾を開始しオウム真理教はにわかに注目を集める。その後オウムは一連の騒動を起こし、その間、幸福の科学も台頭、宗教は社会の重大な関心事となり、ついに平成7年、地下鉄サリン事件を迎える。一方、平成5年、万年野党だった公明党が連立政権に参加、11年以後、与党として君臨し、ついに日本は新宗教団体が政治権力を行使する国となった。オウム、創価学会以外にもさまざまな新宗教やスピリチュアル・ブームに沸いた現代日本人の宗教観をあぶり出す ―
71. NEWSポストセブン|続く「嫌韓デモ」 国会で排外・人種侮蔑デモ抗議集会開催
72. 『平成宗教20年史』21頁
73. 『平成宗教20年史』52頁
74. 『平成宗教20年史』54頁〜56頁
75. 『平成宗教20年史』65頁
76. 『平成宗教20年史』78頁
77. 『平成宗教20年史』185頁
78. 『平成宗教20年史』130頁
79. 『平成宗教20年史』117頁〜119頁
80. 『平成宗教20年史』148頁
81. 『平成宗教20年史』170頁〜173頁
82. “「血液型を扱う番組」に対する要望”. BPO(放送倫理・番組向上機構)青少年委員会. 2014年4月5日閲覧。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/11/23 22:02
前世占い|脱毛|無料占い
懸賞|おうし座|モテ期
ソ人気記事ランキング
2017/11/23 更新
 1位難波圭一
 2位山本博 (お笑い芸人)
 3位GODZILLA (アニメ映画)
 4位11月22日
 5位鶴ひろみ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant