サービス終了のお知らせ
平成二十二年度等における子ども手当の支給に関する法律
▼人気記事ランキング
4.法律の問題点
第4条2では、いわゆる「国籍条項」が存在しない為に、以下の文章が記載されている。

前項第一号又は第三号の場合において、父及び母が共に当該父及び母の子である子どもを監護し、かつ、これと生計を同じくするときは、当該子どもは、当該父又は母のうちいずれか当該子どもの生計を維持する程度の高い者によって監護され、かつ、これと生計を同じくするものとみなす。

つまり同居の実態が無くても、子ども手当が貰え、なおかつ日本国外の外国に居住している子供に対しても支給要件になる。
[4]前ページ
(3.支給要件と金額)
[6]次ページ
(5.関連項目)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/12 15:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant