平成二十二年度等における子ども手当の支給に関する法律
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
平成二十二年度等における子ども手当の支給に関する法律(へいせいにじゅうにねんどとうにおけることもてあてのしきゅうにかんするほうりつ、平成22年3月31日法律第19号)は、次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを支援する為に、平成22年度等における子ども手当の支給について必要な事項を定めるものとする日本法律である。
2011年平成23年)4月から9月までのつなぎ法案である「国民生活等の混乱を回避するための平成二十二年度における子ども手当の支給に関する法律の一部を改正する法律(平成23年3月31日法律第14号)」により題名が「平成二十二年度における子ども手当の支給に関する法律」から「平成二十二年度における子ども手当の支給に関する法律」に改題された。
この法律自体は、限時法でなく、廃止もされていない現行法であるが、子ども手当の支給が「平成二十三年九月(同年八月末日までに子ども手当を支給すべき事由が消滅した場合には、当該子ども手当を支給すべき事由が消滅した日の属する月)で終わる。」(第7条第2項)とされているため、子ども手当はすでに終了している。
目次
1.法律構成
2.受給者の責務と定義
3.支給要件と金額
4.法律の問題点
5.関連項目
6.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/07/12 15:31
ソ人気記事ランキング
2020/01/19 更新
 1位日本
 2位2000年
 3位軽井沢スキーバス転落事故
 4位賭博黙示録カイジ
 5位平清香
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant