平山あや
▼人気記事ランキング
1.来歴
1998年 - 第23回ホリプロタレントスカウトキャラバン「女優誕生」において、グランプリを受賞し芸能界入り。同年にホリプロ内で結成され活動していたユニットHiP(Horipro idol Paradise)に加入。当初は本名の「平山綾」で活動していた。
1999年1月 - テレビ朝日系列のドラマ可愛いだけじゃダメかしら?』で女優デビュー。3月には『クロイツェル・ソナタ』でドラマ初主演。同作品は2000年のハイビジョン国際映像祭で、ドラマ部門最優秀賞を受賞した。
2001年フジテレビ系列のドラマ『Fighting Girl』では、ホリプロの先輩[2]である深田恭子演じるヒロイン・吉田小夜子の視力を失った妹・冬実を演じる。
2001年から2002年頃 - フジテレビ系列のバラエティ番組めちゃ×2イケてるッ!』のコーナー「オカッチ&ミヤッチ」(お姫様の人形役)に出演。
2003年1月 - 芸名を本名「平山」から「平山あや」に改名。本人は「ヒマラヤみたいな名前」と語る。改名理由は、本人の説明によれば名前を文字で書き起こした場合、漢字のみの表記よりも、ひらがなが混じった表記の方が柔らかく可愛い印象になるというイメージ上の問題である、とのこと。しかし、同時期に藤本綾にスキャンダル疑惑があったため、混同を避ける目的であったという説や音読みである「へいざんりょう」と呼ばれることが多かったこともあって改名したという説もある。同年同月、初主演映画ラヴァーズ・キス』公開。
2005年7月 - テレビ朝日系列の金曜ナイトドラマはるか17』で連続ドラマ初主演。なお、同年9月発売の、同ドラマと連動して出版された写真集を最後に、水着グラビアから卒業した。
2006年9月 - hiroソニンサエコとともに主演を務めた松竹系映画『バックダンサーズ!』が公開。4人の中では唯一のダンス未経験者で、食事が喉に通らないほどハードだった、と本人は語っている。ダンスに情熱を注ぐダンサー・新井美羽(ミウ)役を演じる。
2008年10月1日 - 急性咽頭炎のため、出演予定だった舞台『ベントラー・ベントラー・ベントラー』を降板することが事務所から発表された[3]
2008年10月24日 - ブログで仕事復帰を報告。
2019年8月8日 - 俳優の速水もこみちと結婚[1]
[6]次ページ
(2.人物)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/09 07:30
ソ人気記事ランキング
2019/08/24 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位山本美香
 5位文京区幼女殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant