サービス終了のお知らせ
文学座
▼人気記事ランキング
概要
文学座(ぶんがくざ)は、日本劇団。代表は江守徹[1]

略歴[編集]

1937年9月6日:岸田國士久保田万太郎岩田豊雄の発起にて結成。友田恭助田村秋子夫妻を中心とした劇団として構想されたが、友田はすぐに日中戦争に召集され10月6日に戦没した。
11月31日、東宝の後援により[2]田村秋子を主役とした旗揚興行を予定していたが、田村が「見世物」となることを拒否して、11月19日に上演中止に。
1938年3月25日:第一回公演、上演作は「みごとな女」、「我が家の平和」、「クノック」の3本。俳優としては徳川夢声中村伸郎森雅之杉村春子らが参加しており、演出家にのちの久生十蘭(本名の阿部正雄で参加)、舞台監督には戌井市郎がいた[3]
1938年:研究所開所。
1940年:森本薫入座、「富島松五郎伝」「怒濤」「女の一生」などを書き下ろす。
1947年:フランス演劇研究会発足。
1949年:巣鴨に附属演劇研究所開校。「アトリエ公演」始まる。芥川比呂志加藤道夫長岡輝子加藤治子らの「麦の会」が合流。
1950年:信濃町にアトリエ落成、以降アトリエ公演はアトリエにて上演。座歌制定(作詞・岸田國士、作曲・早坂文雄
1961年:附属演劇研究所開設(現在の研究所)。
1963年1月:芥川比呂志高橋昌也加藤和夫高木均仲谷昇小池朝雄名古屋章神山繁三谷昇岸田今日子文野朋子加藤治子ら座員29名が脱退、福田恆存現代演劇協会劇団雲創立を発表
1963年12月:『喜びの琴』上演中止をめぐり、三島由紀夫矢代静一、松浦竹夫、中村伸郎、北見治一、賀原夏子、丹阿弥谷津子南美江村松英子ら14名が脱退(のちに劇団NLT創立)
1977年:第11回紀伊國屋演劇賞団体賞受賞。
2010年:代表の戌井市郎が死去した後に加藤武が代表代行に就任。2015年5月に代表に。
2003年:第37回紀伊國屋演劇賞団体賞受賞。
2013年:「文学座アトリエの会」が、第20回読売演劇大賞芸術栄誉賞受賞。
2015年:第50回紀伊國屋演劇賞団体賞受賞[4]
2016年:2015年に死去した加藤武の後を受け、江守徹が代表に就任[1]

主な座員[編集]

演技部員[編集]

男優[編集]


川辺久造
江守徹
金内喜久夫
小林勝也
三木敏彦
鵜澤秀行
岡本正巳
坂部文昭
角野卓造
高瀬哲朗
田村勝彦
塾一久
鈴木弘秋
若松泰弘
たかお鷹
浅地直樹
横山祥二
田中明生
松井工
加納朋之
脇田茂
鍛冶直人
原康義
助川嘉隆
得丸伸二
松尾勝久
椎原克和
石田圭祐
早坂直家
石川武
斎藤志郎
大原康裕
渡辺徹
大滝寛
押切英希
沢田冬樹
中村彰男
吉野正弘
今村俊一
橋耕次郎
西岡野人
廣田高志
瀬戸口郁
藤側宏大
清水明彦
木津誠之
林田一高
高橋ひろし
亀田佳明
松角洋平
石橋徹郎
今井朋彦
高塚慎太郎
佐川和正
神野崇
大場泰正
横田栄司
粟野史浩
入江修平
細貝光司
植田真介
清水圭吾
上川路啓志
星智也
反田孝幸
山森大輔
柳橋朋典
岸槌隆至
城全能成
浅野雅博
川辺邦弘
田中宏樹
釆澤靖起
清水幹生
藤川三郎
外山誠二
高橋克明
櫻井章喜
南拓哉
斉藤祐一
醍醐貢介
関輝雄
駒井健介
宮内克也
石渡一成

準所属男優[編集]


内藤裕志
後田真欧
相川春樹
木場允視
萩原亮介
宮澤和之

女優[編集]


本山可久子
玉井碧
吉野由志子
寺田路恵
立石あゆみ
中川雅子
三浦純子
山本あゆみ
神保共子
門美樹
新橋耐子
藤堂陽子
古坂るみ子
高橋紀恵
石井麗子
片渕忍
城所磨里
南一恵
北村由里
山谷典子
山本道子
小野洋子
平淑恵
佐藤麻衣子
太刀川亞希
千田美智子
つかもと景子
東幸枝
田中由美子
藤アあかね
大野容子
松岡依都美
郡山冬果
清水馨
塩田朋子
鈴木亜希子
征矢かおる
渋谷はるか
金沢映子
牧野紗也子
赤司まり子
上田桃子
八十川真由野
荘田由紀
富沢亜古
倉野章子
渡辺多美子
山本郁子
山崎美貴
永川友里
名越志保
頼経明子
浅海彩子
増岡裕子
目黒未奈
奥山美代子
栗田桃子
太田志津香
千田美智子
岡寛恵
吉野実紗
金松彩夏
鬼頭典子
下池沙知
添田園子
山田里奈
梅村綾子
松山愛佳
福田絵里
伊藤安那
永宝千晶

準所属女優[編集]


鹿野真央
柳絢子
前東美菜子
大野香織
肥沼ゆうみ

演出部員[編集]

西川信廣
鵜山仁

故人[編集]

杉村春子
小瀬格
三津田健
七尾伶子
北村和夫
戌井市郎
荒木道子
飯沼慧
高原駿雄
麻志那恂子
松下砂稚子
稲野和子
今福将雄
加藤武
八木昌子
戸井田稔
矢吹寿子
坂口芳貞

かつて所属した主な俳優(元・文学座座員)[編集]

劇団雲参加者
芥川比呂志
加藤治子
高木均
仲谷昇
小池朝雄
内田稔
西本裕行
加藤和夫
谷口香
神山繁
文野朋子
岸田今日子
三谷昇
名古屋章
高橋昌也
村松英子
西沢利明
山崎努
北村総一朗(1期生)
徳川夢声
中村伸郎
宮口精二
南美江
賀原夏子
北城真記子
青野平義
北見治一
奥野匡
宮内順子
金子信雄
丹阿弥谷津子
大泉滉
高木均
斎藤邦唯
高橋幸治
しめぎしがこ
樹木希林(1期生)
岸田森(1期生)
草野大悟(1期生)
小川眞由美(1期生)
寺田農(1期生)
橋爪功(1期生)
石立鉄男
細川俊之
加藤嘉
高橋悦史
下川辰平
大出俊
小野武彦
竜崎勝
赤座美代子
三浦真弓
服部妙子
藤田弓子(5期生)
宇津宮雅代(7期生)
村野武範(8期生)
西岡徳馬(9期生)
木村夏江
矢野間啓治
松田優作(12期生)
中村雅俊(13期生)
竹本和正(15期生)
森田順平(16期生)
山口裕章(元:ジャニーズJr.
二宮さよ子
鈴鹿景子
田中裕子(18期生)
寺島しのぶ
白鳥哲(2006年11月より大沢事務所へ移籍)
冷泉公裕
吉水慶
長谷川博己(41期生)
香月弥生(2006年11月より劇団四季に所属)
佐藤淳
内野聖陽(2011年12月よりスターダストプロモーションと業務提携)
福田裕子
林昭夫
平野正人
菅生隆之(2017年6月よりフクダ&Co.に移籍)
村治学(2018年9月よりフリーランス)
佐古真弓(2017年6月よりフクダ&Co.に移籍)
山像かおり(2017年6月よりフクダ&Co.に移籍)

文学座演劇研究所出身者[編集]

小林千登勢
北村総一朗(1期生)
菅野菜保之(1期生)
寺田農(1期生)
樹木希林(1期生)
浜田晃(3期生)
桂玲子(3期生)
黒柳徹子(3期生)
宮本信子(3期生)
中山仁(4期生)
出口典雄(5期生)
吉田日出子
清水紘治
串田和美
小島敏彦(7期生)
原田大二郎(7期生)
峰岸徹(7期生)
横光克彦(8期生) 政治家に転身し、政界引退後俳優復帰。(オフィス斬所属)
市毛良枝(9期生)
北村明子(10期生)
弥永和子(10期生)
滝田栄(10期生)
桃井かおり(11期生)
阿川泰子(12期生)ジャズシンガー
山西道広(12期生)
梅沢昌代(12期生)
本田博太郎(13期生)
神田紫(13期生)
宮内淳(14期生)
田山涼成(15期生)
内藤剛志(16期生)
たいらいさお歌手、NHK「おかあさんといっしょ」3代目うたのおにいさん
堀尾正明(俳優座→NHKアナウンサー→フリーアナウンサー)
松澤一之(17期生)
山下真司(17期生)
松本修(19期生)
渡辺徹(20期生)
小川菜摘(20期生)
大塚明夫(22期生)
又野誠治(22期生)
佐藤尚宏(22期生)
黒田崇矢(23期生)俳優、声優 (アクセルワン所属)
宇垣秀成(23期生)声優 (81プロデュース所属)
鈴木砂羽(33期生)
波岡一喜(39期生)
斉藤慎二(43期生)芸人、ジャングルポケット吉本興業所属)
堀口茉純(45期生)女優、歴史作家
花田ゆういちろう(54期生)NHK「おかあさんといっしょ」12代目うたのおにいさん
チョー
三雲孝江(合格したが、アナウンサーになる道を選んだ)
川口雅代
高杉亘
佐藤二朗
上田陽司
高乃麗
村松えり
尾崎右宗
藤敏也
上楽敦子
松野芳子
勅使瓦武志

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/02/21 13:02
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant