サービス終了のお知らせ
文化地理学
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
文化地理学(ぶんかちりがく、英語: cultural geography)は、文化に関する事象を扱う[1]人文地理学の一分野である[2]。文化という概念自体多義的である[3]が、発祥当初は文化地理学においては、物質文化が具体的に現前して現れる文化的景観を主たる観点としていた[4]。文化地理学は、アメリカにおいて1925年にカリフォルニア大学バークレー校カール・サウアーが『景観の形態学』(英語: The morphology of landscape)を発表したのを起源とし[5]、主に農村地帯における農業の伝播、地名、各地域の家屋のパターンなどを主たる内容としていた。戦後文化地理学は、都市を軽視しているという内部批判にさらされ[6]、都市と文化の関係、さらには地理学においては、それまで無前提で使われていた文化という概念そのものへの検討・分類化なども行われ、現在は多岐にわたっている。
日本の場合も、この戦後のアメリカの流れにも影響されたが、特に民俗学や文化人類学との分野に近い部分を扱うことが主体で、純粋に文化現象の実証を重視する地理学の一分野に見られている。宗教地理学も広い意味での文化の概念の一つとして、この文化地理学の一分野と捉えることもある[7]
目次
1.位置づけ
2.現代文化地理学の潮流
3.景観概念
4.文化概念
5.脚注
├5.1.注釈
└5.2.出典
6.参考文献
7.関連項目
出典:Wikipedia
2020/01/01 12:01
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant