物性物理学
▼人気記事ランキング
5.応用
物性物理学の研究は、様々なデバイスへの応用を生み出した。例えば、トランジスタ[3]レーザー技術[4]ナノテクノロジー[5]:111ffで研究される様々な現象が挙げられる。走査型トンネル顕微鏡の技法はナノスケールでの制御過程に応用され、ナノリソグラフィという研究分野を生んだ[6]

量子コンピュータの分野では、情報は量子ビット(またはキュービット)で表される。量子ビットは、計算が終わるより前に素早く量子デコヒーレンスを起こしてしまうかもしれない。この重大な問題は量子コンピュータが実用化される前に解決されなければならない。ジョセフソン接合による量子ビット、磁性体のスピン配向を用いたスピントロニカル量子ビット、分数量子ホール効果状態から得られるトポロジカル非アーベルエニオン[6]等、問題解決のためのいくつかの有望なアプローチが物性物理学の分野から提案されている。

物性物理学は生物物理学の分野にも重要な応用がある。例えば、核磁気共鳴画像法は医療診断[6]の現場で広く使用されている。

[4]前ページ
(4.関連分野)
[6]次ページ
(6.物性論を扱う高等教育機関)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/07 17:00
ソ人気記事ランキング
2019/12/14 更新
 1位日本
 2位梅宮辰夫
 3位松本ちえこ
 4位12月13日
 5位無名塾出身の俳優一覧
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant