福島第一原子力発電所
▼人気記事ランキング
15.脚注
15.2.出典
原子力災害対策本部 2011, p. IV-1 英語版報告書
電力会社では、各自の電力供給地域を「事業地域」と呼称している。[2]
社報編集部(特集) 1969, pp. 21「解説 建設すすむ福島原子力発電所」
『讀賣新聞』2012年4月16日 福島第一原子力発電所1 - 4号機「廃止」…東電
福島第一原子力発電所 設備の概要 東京電力公式ウェブサイト
“General Electric-designed reactors in Fukushima have 23 sisters in U.S.”. MSNBC.com. (2010年3月13日). http://openchannel.msnbc.msn.com/_news/2011/03/13/6256121-general-electric-designed-reactors-in-fukushima-have-23-sisters-in-us 2011年3月13日閲覧。 
水主火従から石炭火力を主とする火力増大への言及については特集PART1 1993, p. 4
47NEWS 立地の迷路(1)原子の火が点った
東京電力から福島県庁を通し、開発公社に依頼された追加調査事項は水質、気象、地質、海況、交通、人口等大熊町史編纂委員会 編. 1985, p. 834第四章 電力「原子力発電所用地の選定」
双葉町史編さん委員会 編. 1995, p. 1068第一章 戦後の復興「福島第一原子力発電所」
『30年の歩み』福島県土地開発公社 からの孫引き引用。 旧海軍飛行場跡地としているのは横須賀正雄 1968
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1975年度撮影)
豊田正敏「福島1号機の思い出」樅の木会 『福島第一原子力発電所1号機運転開始30周年記念文集』 樅の木会、2002年3月。P1
タービン建屋、主変圧器の配置については高城真 1973, p. 52
掘削した地層の土質については福島原子力建設所 1967, pp. 59
1966年5月時点で明らかになっていた整地面7m案については右記。田中直治郎 1966, p. 33。田中直治郎 1966, p. 31の断面図ではO.P.6.727と示されている。
防波堤の計画および構造については鏑木宏 1969に断面図等が掲載されている。
社報編集部(特集) 1969, pp. 26「解説 建設すすむ福島原子力発電所」
防波堤築造の新規性を指摘した件については右記。座談会 1969, p. 38
「新しいエネルギー原子力 民報女性社会科教室」『福島民報』1976年11月9日6面
35mでの揺れと原子炉建屋基礎部での揺れを比較しながら岩着を説明した部分については右記。座談会 1969, p. 43
安全協定締結についての松永の回顧は松永長男 1995b, pp. 10-11
保安規定作成・認可についての松永の回顧は松永長男 1995b, pp. 11
田中直治郎「“原子力発電”開発6つの問題点」、『月刊エネルギー』1968年3月。pp48-49 2-4号機の1965、1966年時点の施設計画での計画出力は井上力[他] 1966, p. 9
2号機の電気出力決定理由については大熊町史編纂委員会 編. 1985, p. 841
東電労組東労史編集室編 1985, pp. 539, 548-549「第5章第1節3(3) 福島原子力発電所運開に伴う諸案件の取り組み」「第5章第1節3(5) 福島原子力発電所2号機の運転体制」
PR担当除く
なお、この対応として火力の活用策は当然模索されたが、東京電力がアブダビから輸入したLNGの陸揚げが船内異物の発見で大幅に遅れたため、東京瓦斯がLNGを融通する意向を伝えたのだった。 「東電・福島四 主契約者に日立 見積書作成を依頼」『電気新聞』1971年8月16日1面
BOX誌主催のシンポジウム後、朝日新聞が東京電力に取材した部分を含め、本書に収載 田中三彦「第一部 ゆがみ矯正事件」『原発はなぜ危険か』岩波新書 1990年P38
9か月運転、3か月検査を12か月運転、3か月検査に改めようとしていた件については右記。座談会 1982, pp. 6
「原子力・火力部門 技術センターを設置 東電 定期検査、自社要員で」『日経産業新聞』1993年10月11日15面
「原発事故が結ぶ縁 東京電力副社長豊田正敏氏(交遊抄)」『日本経済新聞』1986年8月18日朝刊32面
1976年度の稼働率見込みについては右記。座談会 1977b, pp. 60, 63
1〜3号機にて運転初期に発生した配管の応力腐食割れ対応策については投資経済編集部 1980, p. 108
東電労組東労史編集室編 1985, pp. 506-507「第4章第11節4 電力資源有効活用の推進」
コーストダウン運転については右記。座談会 1982, pp. 7
新開一男(東京電力情報システム部システム計画課)「ここまできた電気現場のパソコン応用?基本的な考え方、今後の展開」『電気現場技術』1985年10月P40
「東電福島第一原発 県など立入り調査」『福島民報』1991年2月9日朝刊2面
「役所的安全に追われてないか」『原通』第2805号 1966年3月20・27日合併P3
NUREG-1150と本発電所に言及した例としては福島原発事故独立検証委員会 2012, pp. 257「第6節 設計・建設に関する検証 電源喪失への対策」
「沸騰水型に通気弁 米規制委決定 水蒸気事故を防止」『福島民友』1989年7月7日朝刊5面
なお、記事では助言は全て放置されたように書かれている。 「原発過酷事故対策は安全か」『朝日新聞』1994年2月17日朝刊4面
「過酷事故対策書く原発ごとに 通産省通達」『朝日新聞』1992年7月28日夕刊2面
「炉心溶融含め大事故対策 電力業界が転換 原発の構造手直し 来年にも着手」『朝日新聞』1994年2月2日
「安全設計超える重大トラブル 原発の過酷事故2000年メドに対策 東電など自主的に」『読売新聞』1994年4月1日朝刊34面 「シビアアクシデント(過酷事故)対策 資源エネルギー庁が報告書を発表」『アトムふくしま』No.110 1994年11月p6
「シビアアクシデント 電力の対策は妥当 安全委検討会」『電気新聞』1995年12月1日朝刊1面
「福島第一原発6号機 あすから定期検査」『河北新報』1998年2月11日朝刊3面
「52基全て完了で報告 原子力安全・保安院に 発電所の過酷事故対応」『原子力産業新聞』2002年6月13日5面
建設時に施設された非常用発電機を地下に設置した背景は電気事業連合会 2011, p. 2
「ハリケーン対策、地下に発電機 原発「米国式設計」誤算」『朝日新聞』2011年6月11日夕刊1面
朝日新聞取材班『生かされなかった教訓 巨大地震が原発を襲った』朝日文庫 2011年6月30日 P79-80 田原総一朗「新・原子力戦争 汚染水処理は国産技術でできる」『Voice』2011年9月P216
電源融通用ケーブルと金属閉鎖配電盤に言及した部分は福島原発事故独立検証委員会 2012, pp. 257「第6節 設計・建設に関する検証 電源喪失への対策」
山下裕宣[他] 1995, p. 55を元に作成
仮設ハウスの設置については山下裕宣[他] 1995, p. 57, 59
震度5で運転停止を不要と説明したものは右記。原子力業務課 1978, pp. 31
「旧型の沸騰水型原子炉 燃料棒の振動を抑制 電力各社が地震対策」『日経産業新聞』1997年5月14日5面
「基礎からの原子力 発電効率の向上と地球温暖化の防止に貢献する「定格熱出力一定運転」」『とうでん』2002年7月 No.612 p.30-31
発電機出力 2011年3月11日 14時40分現在 東京電力HP(左記時間から更新されず、ストップしたままとなっている。)
北村俊郎 『原発推進者の無念―避難所生活で考え直したこと』 平凡社、2011年10月。pp.183-184
「関心高まる原子力発電所の高経年化対策?40年運転に向けて東京電力の取り組みをみる?」『原子力eye』2010年8月P42-43
「原発ポンプ 検査時間3分の1 東京エネシスが新装置 信頼性も確保」『日経産業新聞』2005年9月1日13面
「座談会 東京電力・福島第二原子力発電所のTPM活動」『電気現場技術』2009年3月P2
1〜4号機廃炉、7〜8号機増設計画中止…東電 『読売新聞』2011年5月20日16時04分
第1原発7、8号機増設中止 1〜4号機は廃炉 『福島民友』2011年5月21日
福島第一の増設中止 地元「できれば5、6号機も廃炉」 『朝日新聞』2011年5月21日2時13分
東電労組東労史編集室編 1985, pp. 546-547「第5章第1節3(3) 福島原子力発電所運開に伴う諸案件の取り組み」
「福島一フル運転開始」『電気新聞』1971年12月1日1面
東電労組東労史編集室編 1985, pp. 477「第4章第7節1(4) 昭和47年の職制改正」
東電労組東労史編集室編 1987, p. 625「1-3 職制改正 (1)昭和56年度 組織体制の整備・強化」
東電労組東労史編集室編 1987, p. 629「1-3 職制改正 (2)昭和58年度 組織体制の整備・強化」
佐藤康幸 1989, pp. 44-45「総点検可能か 総延長百九十六キロメートルの燃料棒」
3,5号機における定格熱出力一定運転の開始について プレスリリース2003年12月25日 東京電力HP(ここより各年度のリリースを確認可能、他号機も同様)
6号機における定格熱出力一定運転の開始について プレスリリース2005年2月22日 東京電力HP
“福島原発10基の耐震安全性の総点検等を求める申し入れ”. 日本共産党福島県議団 (2007年7月24日). 2011年3月19日閲覧。
4号機における定格熱出力一定運転の開始について プレスリリース2009年9月10日 東京電力HP
“東京電力のプルサーマル発電、福島県知事が受け入れる方針”. 産経新聞. (2010年2月16日). http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100216/biz1002162038041-n1.htm 2011年1月11日閲覧。 
福島第1原発に開所した免震重要棟 東京電力福島第1原子力発電所の歴史 毎日新聞社
“福島第一原子力発電所3号機におけるプルサーマル開始について” (プレスリリース), 東京電力, (2010年10月26日), http://www.tepco.co.jp/cc/press/10102601-j.html 
2号機における定格熱出力一定運転の開始について プレスリリース2010年12月6日 東京電力HP
原子力災害対策特別措置法第10条第1項の規定に基づく特定事象の発生について (PDF)”. 東京電力 (2011年3月11日). 2011年3月15日閲覧。
福島第一原子力発電所1〜4号機の廃止および同7・8号機の増設計画中止について(プレスリリース 2011年)『東京電力株式会社』2011年5月20日
(コメント)福島第一原子力発電所5号機および6号機の廃炉について 東京電力
1978年5月の海底土調査結果リリースについては阿部輝郎 1978, pp. 71
1号機運開の頃の人員数については今井孝三 1971, p. 78
佐々木史郎とうでん編集部(別冊) 1979, pp. 63-64「運転関係技術員養成の現状」
塩官廣海「学科教育にCAIシステムを導入」『電気情報』1979年12月号 (No.267) P17
90年代の東京電力側からの記事例としては平田秀雄 1996, pp. 17-18
広報誌きずなdeふたば>バックナンバー 東京電力HP
PPシステムの設計思想については富澤慎三 1996, pp. 20「一 核物質防護の概要」
多重警備の体制については富澤慎三 1996, pp. 20-21「二 当所の警備業務の概要」
日常の入構車両数、通勤時の問題については富澤慎三 1996, pp. 20-21「警備員の日常あれこれ」
オウム真理教信者による内部文書の持ち出しについては恩田勝亘 2012, pp. 130-131「原発作業員になりすますオウム信者と連続不審火」
「原発警備隊を新設 警察庁 各地に専従組織」『日本経済新聞』2002年5月15日朝刊34面
「「テロ監視」街の隅々に 空港の列 駅にカメラ・・・窮屈さ感じる時も 911から5年」『朝日新聞』2006年9月11日夕刊社会14面 恩田勝亘 2012, p. 70「遺族の口を重くさせる地域への配慮」
GE極東日本支社から見た本国の技術者の印象については下記菊池洋一 2011, pp. 98
[4]前ページ
(15.1.注釈)
[6]次ページ
(16.参考文献等)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/06/17 23:30
ソ人気記事ランキング
2018/06/18 更新
 1位小林由美子
 2位秋葉原通り魔事件
 3位6月17日
 4位仮面ライダービルド
 5位ドーハの悲劇
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant