福島第一原子力発電所
▼人気記事ランキング
13.メディアの姿勢
1970年代から立地自治体周辺のマスメディアでは些細な出来事でもこまめに発電所の動向が報じられており、『福島民友』記者の阿部輝郎が『新聞研究』1978年7月号に投稿した記事によれば、「この程度なら、別に報道しなくてもいいじゃないか」という意見は社内からも聞かれたという[267]。それにも拘わらず報道を続けている理由として「報道取材の側から言えば「安全だった」ことに安心せず、つねに問題点を見つけ(中略)不感症にならないように注意していかなければならない」と述べている[268]。なお、阿部は同誌を例に報道内容として下記を挙げている[269]

発電所関連の事実報道
知識解説
発電所と地域開発の問題
「原発を見直す」「エネルギーと生活」「原発立地その後」といった企画連載
専門家を招聘し座談会を実施
現地住民、関係者へのルポタージュ
反対運動、訴訟の動向
[4]前ページ
(12.立地自治体との関係)
[6]次ページ
(14.反対運動)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/30 16:00
ソ人気記事ランキング
2019/09/19 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位9月18日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant