福島第一原子力発電所
▼人気記事ランキング
5.発電所運営の経過
5.17.近代化した運転・保修活動への苦言
上述のように、運開後も数々の改良策を重ねたことで、運転と保修の現場は2000年代になると初期とは様変わりした。しかし『共生と共進?地域とともに?福島第一原子力発電所45年のあゆみ』では次のような苦言が呈されている[216]
パソコンでの管理はあくまで「画像管理」であり「生き物を管理している感覚がなければダメ」。
パソコンから得られる情報は共通で認識できるが、本当の現場がどうなっているかという情報は個人差が大きい
現在の保守部門は運転員と異なり疑似体験が出来ず、昔はトラブルの際現場に出て油漏れ等の不具合を直接確認し、プラントを停止する判断を現場で出来たが「最近はそういう失敗が許されないというような環境になっている」という。
ある元運転員からは「複雑怪奇な手順書は役に立たないのが実情であり、操作手順とか操作方法はシンプルにする必要がある」とコメントされている[217]
[4]前ページ
(5.16.高経年化対策)
[6]次ページ
(5.18.TPM活動の導入)

216. 「あの頃を語る 発電所OBを代表して」福島第一原子力発電所史編纂委員会 2008, pp. 131
217. 「あの頃を語る 発電所OBを代表して」福島第一原子力発電所史編纂委員会 2008, pp. 135

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/06/17 23:30
ソ人気記事ランキング
2018/06/18 更新
 1位小林由美子
 2位秋葉原通り魔事件
 3位6月17日
 4位仮面ライダービルド
 5位ドーハの悲劇
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant