福島第一原子力発電所
▼人気記事ランキング
5.発電所運営の経過
5.11.定期検査の短縮化(1990年代)
運転開始から20年程の年月が経過したことで、本発電所の定期検査工程は、トラブルや改造工事の入らない場合でも標準で90日余りを擁していたものが、機械化の進展、実績の積み重ねなどにより1990年代にはBWR-4で76日に短縮されていた。1990年代、本発電所の稼働率は順調に推移し、当時の世界的な平均値と比較しても高位の値を記録していたが一方で、世界原子力発電事業者協会からの情報で海外では30-40日程度で検査を実施する事例についても知ることとなり、東京電力は現状の信頼性を確保することは前提としつつ、各原子力発電所にて定期検査日程を60日に短縮する目標を掲げ、一部のプラントで実施に移した。最初に実施されたのは1995年に本発電所4号機のケースである[162]

各工程での短縮は下記のように計画された。

今後継続して実施することを前提としているため3交替作業はとらず、一部に2交替作業を導入するに留めた。短縮に当たっての課題は、初期のプラントであるため機器点検スペースが手狭で、設備も後発プラントに比較すると整っていない条件がネックとなり、下記のポイントを主として解決した。

[4]前ページ
(5.10.使用済み燃料貯蔵施設の増強)
[6]次ページ
(5.12.シュラウドの交換)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/09 11:30
ソ人気記事ランキング
2018/12/13 更新
 1位日本
 2位艶堂しほり
 3位上沼恵美子
 4位12月12日
 5位ジョジョの奇妙な冒険
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant