福島第一原子力発電所
▼人気記事ランキング
4.建設の経過
4.13.6号機
6号機は当初BWR-4を継続して建設する計画だったが、1976年以降の電力需要、技術開発状況、系統容量の面から電気出力を100万kW以上に増大する事とし、併せて日本原子力発電東海第二発電所の建設と道筋を揃えてBWR-5、格納容器にMark IIを採用した。

6号機は1979年10月に運転開始し、発電所内に同居していた福島第一原子力建設所は廃止された[117]。12月には関係者700名が出席し完成式典を挙行した[85]

[4]前ページ
(4.12.接続基幹系統の拡充)
[6]次ページ
(4.14.建設工事費の高騰)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/09 11:30
ソ人気記事ランキング
2018/12/09 更新
 1位日本
 2位ディアトロフ峠事件
 3位鎌倉ものがたり
 4位艶堂しほり
 5位12月8日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant