福島第一原子力発電所
▼人気記事ランキング
2.発電設備概要
全ての原子炉は、米国ゼネラル・エレクトリック社 (GE) によって設計されたものを基本としている。プラント施工工事は鹿島建設によって行われた[6][7]。7、8号機については建設計画を進めていたが、2011年3月の水素爆発事故の影響で、2011年5月、計画を中止する旨の発表がなされた。

総出力:0kW(全機廃止)
5号機の運転開始が4号機よりも先である経緯については福島第一原子力発電所5号機の建設参照。

GEは安全規制、性能向上策の進展に伴って2〜3年おきに新型のBWRを発表し、それらは当時、1965年型、1967年型、1969年型などと呼称された。その後、建設プラントの名前を取って、ドレスデン2型、ブラウンズフェリー型などと称されたこともある。1972年に新型BWRプラントを発表する際にその名をBWR-6型とし、従来発表したプラントについてもBWR1〜5という番号付けをした。なお、格納容器にはMark番号が付いている[9]

[4]前ページ
(1.概要)
[6]次ページ
(3.1.常磐石炭産業の衰退)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/30 16:00
ソ人気記事ランキング
2019/11/18 更新
 1位日本
 2位沢尻エリカ
 3位伊藤綾子
 4位滝口幸広
 5位11月17日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant