福島第一原子力発電所
▼人気記事ランキング
4.建設の経過
4.6.2号機
田中直治郎によると1965年から1966年に通産省に対して提出した施設計画では、2号機は出力60万kW[98]で、共通施設である港湾、取水設備費を按分して発電原価低減に資することを考慮し、4号機まで本発電所に設置を検討していた[77]。ただし田中は50Hzの機種としては60万kW程度のものがメーカー各社のラインナップに無いこと、2号機以降の炉型をPWR、BWRのどちらとするかは白紙である事、コモンウェルス・エジソン社が発注したBWRが80万kWであることを踏まえ、「60万kWでは小さいような感じがしないでもない」「今後の国産化を考えていく上(中略)機種をあまり変えますと、国産化が難しい」と述べている[78]
1967年になるとGEは受注量の急増から500、750、1000MWの3タイプの標準容量の炉を発表した。いわゆる1967年型と呼ばれるタイプであり、後にBWR-4と改称されたタイプである[101]。上述のように東京電力は2号機をこの中から選定し、発電端出力784MWのタイプとした[102]。2号機の商業運転開始は1974年7月18日となった。
[4]前ページ
(4.5.国産化への道)
[6]次ページ
(4.7.草創期の人員配置)

98. 2-4号機の1965、1966年時点の施設計画での計画出力は井上力[他] 1966, p. 9
99. 井上力[他] 1966, p. 7.
100. & 井上力[他] 1966, p. 9-10.
101. 井上和雄 1968, p. 46
102. 2号機の電気出力決定理由については大熊町史編纂委員会 編. 1985, p. 841

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/06/17 23:30
ソ人気記事ランキング
2018/06/18 更新
 1位小林由美子
 2位秋葉原通り魔事件
 3位6月17日
 4位仮面ライダービルド
 5位ドーハの悲劇
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant