福島第一原子力発電所事故
▼人気記事ランキング
4.日本政府等の対応
福島第一原発の吉田昌郎所長は11日15時42分頃、全交流電源喪失状態になったことから原子力災害対策特別措置法第10条に該当すると判断し、同条に基づく通報を、東電本店を介して原子力安全・保安院等へ行った[110]。これを受けて、経済産業省は原子力災害警戒本部を設置。総理官邸では、16時36分頃に官邸対策室が設置された。さらに、16時36分頃、東京電力は非常用炉心冷却装置による注水ができなくなる虞があると判断し、16時45分頃、同法15条に基づき原子力緊急事態に該当する旨を原子力安全・保安院へ通報した[111]。政府は19時03分、原子力緊急事態宣言を出して総理官邸に原子力災害対策本部を設置するとともに、19時45分から枝野幸男内閣官房長官が記者会見で発表した[112]

福島県は11日20時50分、第一原発から半径2km以内に避難指示を出した[113]。政府は、今後想定されるベントに備え、21時23分、第一原発から3km以内に避難指示、3km-10km圏内に屋内退避指示を出した[114]

12日未明、東京電力からのベント作業実施の申し出に対して、官邸は許可を出した。12日3時06分頃から海江田経産大臣らが東電との共同記者会見を行い、1号機・2号機でベントを行うことを発表した[115]。また5時44分に、ベントの実施作業が遅れた場合に対応するため、避難指示対象を半径10 kmに拡大した[120]。しかし官邸は、ベントがなかなか開始されないことに不満を募らせ、6時50分頃、海江田万里経産大臣が原子炉等規制法に基づきベント実施を命令した[117]。さらに、現地の状況が十分に把握できないことから、菅直人首相自身が、ベント実施に平行して事故現場の福島第一原発を視察することを決定し、12日7時11分、菅がカメラマンらと共に事故現場に到着した[122]。しかし、操作マニュアルが電源喪失を想定しておらず、現場が混乱した[119]ことなどから、ベント操作が首相の到着する段階になっても開始することができず、菅が現場にて説明を求めた。

1号機建屋の水素爆発の後、政府は12日18時25分、第一原発から20km以内へ避難指示を出した。

事故発生直後から、東電本店ではテレビ会議システムを第一原発と繋いで情報を共有していた[120]。一方、政府への報告は総理官邸にいた東電幹部が携帯電話で情報を入手して行っていたため、伝達が遅れ気味で情報も限られていた[121]。そのため、13日午前、東電本店から総理官邸に専用のFAXやパソコンを持ち込んで設置して情報伝達が改善された[122]

3月15日午前3時、清水正孝東京電力社長から海江田万里経済産業大臣へ、事故現場からの作業員撤退の意向の申し出があり、大臣に拒否され、枝野幸男内閣官房長官に再び申し出があった。午前4時17分に清水社長を官邸に呼び真意を聞いたが今後の対応を明言しなかった。午前5時35分菅直人首相は東京電力本店に乗り込み勝俣恒久代表取締役会長ら約200人が出迎の元、菅首相は「撤退などあり得ない」と迫った[127][128]。なお、清水社長は当時を振り返り、直接作業に係わらない者達の退避の意向であった[129]、また東京電力は2011年9月8日の記者会見で社長が振り返った内容であったと認識しているとした。

「撤退」を巡る行き違いを受け、菅総理大臣は東電との情報共有を迅速化するため、15日朝に東電本店に乗り込んだその場で、政府と東電が一体となった福島原子力発電所事故対策統合本部を東電本店に設置すると宣言した[126]。以後、政府の事故対応はこの統合本部で進められた。

原子力安全委員会が事故発生3日後の3月14日、体内被曝(ひばく)をした場合に健康被害を防ぐ効果がある安定ヨウ素剤を住民に服用させるべきとする助言をしたのに対し、菅直人首相(当時)が本部長を務める政府の原子力災害対策本部は、対応しなかった(同事務局では受けた記録がないとしている)。その後、原子力安全委の助言をもとに政府の原子力災害現地対策本部長が16日に、福島県や関係市町村に住民への安定ヨウ素剤の投与を要請したが事故から4日以上後となった[131]2011年5月6日 - 当事故の影響で菅直人首相は海江田万里経済産業大臣を通じて、中部電力に対して、東海地震の発生予想率を基に、静岡県浜岡原発の運転を中長期的に対策が立てられるまでの間、全て停止するように求め[132]、5月9日、中部電力は政府の要請に従って、浜岡原発を停止させた[133]
2011年5月24日 - 原因を究明するための調査・検証を行うため、内閣官房東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会の設置が閣議決定され[134]、6月7日初会合が行われた[135]
2011年6月22日 - 原子力安全委員会は、当事故を重く見て、原子力発電設備の安全の基準となる「安全設計審査指針」と「耐震設計審査指針」の抜本改正に着手した。班目春樹委員長は改定には2〜3年掛かると述べた[136]
2011年6月、海江田万里経済産業大臣(当時)は東京電力が求めていた当事故の汚染水流出を防ぐ遮水壁設置の先送りについて、「中長期的課題」とすることを条件に容認した[137]
2012年1月27日 - 野田内閣菅内閣東日本大震災に関する15組織のうち10組織が議事録を未作成、そのうち5組織では議事概要も未作成または一部作成であったとする調査結果を発表。公文書等の管理に関する法律に照らしても不適切ともされた。野田佳彦内閣総理大臣は午前の参議院本会議で「文書で随時記録されなかったのは遺憾。会議の意志決定過程を把握できる文書作成は国民への説明責任を果たすため極めて重要。」と答弁した。岡田克也副総理公文書管理担当大臣)は5組織出席者から聞き取り調査の上、2月中に議事概要の作成を関係閣僚に求めた[138][139][140]。3月9日初めて公表され、原子力災害対策本部と政府・東電統合対策室の各議事録概要は12月までで合計約1400ページ、3月分は100ページ未満であった。当時内閣官房長官だった枝野幸男は3月9日の記者会見で「有事の際は録音し混乱のなかでも事後的な記録作成に役立つように備えるべきだった」と述べている[141]
2013年8月8日 - 経済産業省認可の国際廃炉研究開発機構(理事長・山名元)発足[142]
[4]前ページ
(3.2.汚染土の再利用)
[6]次ページ
(4.1.SPEEDIによる予測とデータ公開)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/12/12 13:31
ソ人気記事ランキング
2018/12/14 更新
 1位日本
 2位艶堂しほり
 3位12月13日
 4位上沼恵美子
 5位マトリックスの登場人物一覧
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant