福島第一原子力発電所事故
▼人気記事ランキング
20.外部リンク
日付においては、年が2011年であるときは、年の記述を省略している。
政府・各省庁の報道発表
首相官邸 - 総理指示、官房長官会見、原子力災害対策本部「福島第一・第二原子力発電所事故について」など。更新:「…事故について」は毎日1 - 2回の模様。
原子力安全・保安院 原子力安全のお知らせ - (2012年9月19日をもって廃止) 運用当時の更新:5月は毎日1回程度。発表時刻と実際の掲載時刻は数時間から1日ある。下記「緊急時情報」に要約だけが先に掲載されていたこともある。
原子力安全・保安院 緊急時情報 - 要約。メールサービスあり。
原子力安全委員会
気象庁 福島気象台 - 地震関連情報など。
海上保安庁 海洋情報部 - 海洋速報、海流推測図など。
消防庁 災害情報 - 写真含む。また、福島原子力発電所(東日本大震災)に関連する消防の対応の報告もある。
自衛隊 地震関連 - 自衛隊の活動状況情報。
環境省 東日本大震災への対応について
東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会
国会の報道発表
東京電力福島原子力発電所事故調査委員会
事業者の報道発表
東京電力 地震による影響【xx時現在】が1日1回 - 3回。海水からの放射性物質の検出(第xx報)が1日1回など。
事故の収束に向けた道筋 2011年4月17日
福島第一原発、同、3月31日以前分 プラント状況【xx時現在】が1日1回 - 3回。
東北地方太平洋沖地震・福島第一原子力発電所の状況 - 日本原子力産業協会
福島原子力事故調査報告書の公表について2012年6月20日
用語集
原子力防災用語集 - 原子力安全・保安院
原子力防災基礎用語集 - 原子力安全技術センター
炉心シュラウドの健全性評価に関する用語集 (PDF) - 東京電力など
図面
全体系構成概要図 (PDF) - 福島第一原発で採用されている沸騰水型軽水炉 (BWR) と構造が近い改良型沸騰水型軽水炉 (ABWR) の構成。本原発と共通の用語が多い。
食品・水道水・海水・大気・降下物の安全性情報
首相官邸 モニタリングデータ 福島第一周辺および各県モニタリングデータなど(見やすい)。更新:半日に一度。そこからのリンク先に、健康や退避などへの影響の「評価結果」(原子力安全委員会)。
経済産業省 (各機関、事業者の)放射線計測値 - モニタリングデータ類への公式で豊富なリンク集。
厚生労働省 地震関連情報 - 地震関連の報道発表、水道水中の放射性物質の検出について(第xx報)、食品中の放射性物質の検査結果について(第xx報)、雇用・労働関係の特例措置など。
食品安全委員会 - 本地震の本原発への影響と食品の安全性など。更新:随時。
水産庁 - 水産物の検査結果など。
産業技術総合研究所 つくば市での放射線量
文部科学省 全国の放射能濃度一覧 - 都道府県別環境放射能水準調査結果を元に、平常時と当日の最高線量を比較して表示。
被曝関連情報
放射線医学総合研究所 放射線被曝に関する基礎知識(第xx報)、除染方法、放射線被曝の問合せ窓口など。
福島第一原子力発電所に関する環境影響・放射線被ばく日本原子力産業協会
低線量被ばくの人体への影響について サイエンス・メディア・センター
放射性物質の汚染対策・除染
平成23年度(2011年度)除染技術実証試験事業 「放射性物質を含む汚染土壌等からの乾式セシウム除去技術の開発」 (PDF)日本原子力研究開発機構
事業者の地震・津波対策情報
「福島の原子力」(日映科学映画製作所、企画:東京電力、1977年 カラー 27分) - 科学映像館
「黎明 福島原子力発電所建設記録 調査篇」(日映科学映画製作所 企画:東京電力、1967年 カラー 26分) - 科学映像館
「黎明 第二部 建設編」(日映科学映画製作所、企画:東京電力、1971年 カラー29分56秒) - 科学映像館
「目で見る福島第一原子力発電所」(日映科学映画製作所、企画:東京電力、1991年 カラー 23分55秒) - 科学映像館
東京電力 もっと詳しく原子力 地震対策 - 閉鎖。(2011年4月12日時点のアーカイブ
東京電力 福島第一原発(2009年記録) - Internet Archive
関連法令など
原子力災害対策特別措置法
原子力緊急事態宣言
原子力損害の賠償に関する法律
原子力損害賠償補償契約に関する法律
[4]前ページ
(19.関連項目)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/06/15 17:31
ソ人気記事ランキング
2018/06/19 更新
 1位小林由美子
 2位ドーハの悲劇
 3位寺田屋事件
 4位6月18日
 5位秋葉原通り魔事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant