福島第一原子力発電所事故
▼人気記事ランキング
8.原因
8.3.災害対策に関する問題点

国際基準 (IAEA) の災害対策の導入見送り[編集]


2006年3月に原子力安全委員会は、国際基準(IAEA基準)を国の原子力防災指針に反映し(放射性物質が放出される恐れがある場合、即時に原発から3〜5キロ圏の住民は避難する)改善・導入の検討を開始したが、当時の原子力安全・保安院院長である広瀬研吉が強固に反対し、防災の強化が見送られた。防災の強化を行っていれば、今回の事故で近隣の住民の被爆が避けられたと報道される[265]
[4]前ページ
(8.2.現場の事故対応上の問題点)
[6]次ページ
(9.教訓と再発防止策)

265. 原子力安全・保安院>院長、改善意見を黙殺 原発防災「現行体制で」--06年 - 毎日新聞

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/06/15 17:31
ソ人気記事ランキング
2018/06/19 更新
 1位小林由美子
 2位ドーハの悲劇
 3位寺田屋事件
 4位6月18日
 5位秋葉原通り魔事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant