福岡ソフトバンクホークス
セルライト|運命の人|無料ゲーム
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
1.球団の歴史
1.3.ソフトバンク時代

王監督時代[編集]


2005年
1月28日ソフトバンクがダイエーの保有していた球団株式と興行権を取得し、福岡ドームの使用契約を締結することで名実ともに「福岡ソフトバンクホークス」のスタートを切った。また、王監督が球団の取締役副社長兼GM(ゼネラルマネージャー)に就任することも発表された。
新チームマークは英語の「S(SoftBank)」と「h(Hawks)」を組み合わせたもので、チームロゴに挿入されている黄色の2本線は親会社のソフトバンクのCIロゴをアレンジしたもの(元々は海援隊旗印から取った物)である。
戦力面では井口が大リーグシカゴ・ホワイトソックスへ移籍したが、近鉄からFA宣言した大村直之を獲得。また、大リーグでの通算214本塁打のトニー・バティスタを2年総額1500万ドル(約15億8000万円)で、シアトル・マリナーズでプレーしていたホルベルト・カブレラを年俸2億8000万円で獲得。
1月30日にファン交流イベント「The First Reception 2005」が福岡Yahoo!JAPANドームで行われ、新ユニフォームや新応援歌、2005年のスローガンなどが発表された。応援歌は歌詞などの一部を改定した(「ダイエー」の部分を「ソフトバンク」に変えた)のみでそのまま引き継がれた。
3月9日6月28日6月29日に予定されていた対ロッテ戦の韓国開催が、ソウルで試合ができなくなったことと韓国プロ野球の人気低迷から採算が合わないと判断されたため、中止されることとなった。この2試合はロッテ側の主催試合だったため、千葉マリンスタジアムで代替開催された。
開幕直後はロッテが首位に立つが、セ・パ交流戦終盤からの15連勝や本拠地ヤフードームでの12連勝で首位に立つと、その後は首位を譲らず王監督時代のホークスとしては最多となる89勝を記録し1位となる。しかし2位とのゲーム差は4.5で、前年に続きプレーオフで1勝のアドバンテージを得るための条件「5ゲーム差以上」には届かず[89]。城島の負傷離脱、松中の不振が最後まで響いてプレーオフでは2勝3敗で敗れている。オフに城島がシアトル・マリナーズへFA移籍した。
2006年
交流戦は20勝16敗で5位。7月5日、ヤフードームでの対西武戦後に王監督が記者会見を開き、胃の手術のため休養することを発表し、翌日からシーズンオフまでチームを離脱した。監督代行は森脇浩司チーフコーチが務めた。シーズンは首位北海道日本ハムファイターズと5.5ゲーム差の3位に終わる。プレーオフ第1ステージで西武と対戦し2勝1敗で下すが、続く第2ステージで日本ハムと対戦し2連敗し、3年連続のプレーオフ第2ステージ敗退となった。ヤクルトを自由契約になったリック・ガトームソンを獲得。小久保がFA移籍で巨人から復帰。寺原隼人とのトレードで横浜ベイスターズから多村仁を獲得した。
2007年
前年オフの大型補強により優勝の最有力候補に挙げられていたが、川ア、斉藤をはじめ大村、新垣渚、小久保など主力選手に故障者が続出し、チーム打率・チーム防御率が共にリーグ1位だったが、期待された「TMK砲」も3人合計で53本塁打にとどまるなど、シーズンを通じて波に乗れず3位に終わる。クライマックスシリーズ第1ステージでもロッテに1勝2敗で敗れ、4年連続のプレーオフ敗退となった。
2008年
セ・パ交流戦では15勝9敗で阪神と勝率、勝ち数で並んだが、交流戦の前年順位(9位=ソフトバンク、10位=阪神)で順位を決定する規定により、ソフトバンクの初優勝が決まった。シーズン後半になると中継ぎ投手陣や川アなど故障者が出た影響で打線の不振が目立つようになり、9月1日時点では2位だったが9月は5勝18敗と大きく負け越す。球団側は王を終身監督とする意向があったが、同年9月23日、王監督が体調不良を原因に2008年シーズンを最後に勇退することを発表した。10月7日のリーグ最終戦で同率最下位で並んでいた楽天とのKスタ宮城での直接対決でサヨナラ負けで敗れる。最終的に64勝77敗3分、12年ぶりの最下位となった。チーム防御率は1点台以上悪化し投手コーチの杉本正は解任された。二軍はウエスタン・リーグで24年ぶりの優勝を決め、ファーム日本選手権ではヤクルトを破り初の日本一となった。王の後任はチーフコーチの秋山幸二。王はホークスの球団会長に就任。

秋山監督時代[編集]


2009年
交流戦序盤の6連勝などで、6月16日に2年連続での交流戦優勝を決め、6月20日に横浜に勝ち、初の交流戦全球団勝ち越しての優勝を達成した。7月には一時首位に立つが、後半になると6カード連続負け越しを喫し、10月2日には対パ・リーグ戦での負け越しが確定し、シーズン3位となった。クライマックスシリーズは第1ステージで楽天に0勝2敗で敗退した。攝津正が新人王を獲得。
2010年
攝津、ブライアン・ファルケンボーグ馬原孝浩甲藤啓介の「SBM48」や森福允彦などの救援投手陣が活躍して12球団トップの救援防御率(唯一の2点台〈2.84〉)だった。杉内俊哉和田毅以外は不振だった先発投手陣を中継ぎ陣が支えた。チーム奪三振数が2005年に阪神が記録したプロ野球記録である1208を、1244で更新した。9月25日にマジック対象チームの西武が日本ハムに敗れたので、7年ぶりにソフトバンクとなって初のリーグ優勝を果たす。しかし、クライマックスシリーズでは打率1割6分9厘0本塁打と打撃陣が振るわず[90]、ファイナルステージで3勝4敗でロッテに敗れた。パ・リーグでは初[91]のリーグ優勝しながら日本シリーズ進出を逃す結果となった[92]。MVPは和田毅が受賞。オフにFAで内川聖一細川亨、オリックスから自由契約となったアレックス・カブレラを獲得した。またこの年のオフ、巨人で現役を続けていた大道典嘉が現役を引退したことで、南海ホークスに所属経験のある選手が全員引退した。
2011年
交流戦が始まってから首位に立ち、交流戦を過去最高の18勝4敗1分けの成績で優勝、内川が交流戦MVPを獲得した。10月1日の西武戦で2年連続のリーグ優勝を決め、10月10日のオリックス戦に勝ち越して、史上初の11球団に勝ち越し、月間成績でも一度も負け越さなかった。内川はMVP・首位打者(両リーグでは2人目)を獲得。クライマックスシリーズファイナルステージでは、西武を相手に3連勝し4勝0敗として、2004年に現行のプレーオフ制度が始まって以来、7度目にして初の日本シリーズ出場となった。中日との日本シリーズでは第6戦までお互いにホームで負け、ビジターで勝つという展開で3勝3敗としたが、第7戦に3-0で勝利し、8年ぶりの日本一となった。台湾で開催されたアジアシリーズでは韓国の三星ライオンズに決勝で敗れている。オフには、ホールトンと杉内俊哉が巨人に移籍、和田毅は大リーグボルチモア・オリオールズに移籍、川崎宗則は大リーグ・シアトル・マリナーズへ移籍。一方、西武の帆足和幸をFAで獲得している。
2012年
3月24日ソフトバンク本社が福岡ドームをシンガポール政府投資公社(GIC)から870億円で買収することが報道される[93]。開幕戦の3月30日の対オリックス戦(福岡ドーム)に3対1で勝利すると[94]、10試合で8勝2敗と首位に立つ。5月9日、ブラッド・ペニーが右肩故障から、1試合の登板で退団する[95]。交流戦では8連敗と低迷し8勝13敗3分の11位で終わる。前半戦を16年ぶりの借金を抱えたまま[96]、3位で折り返す。後半戦、8月22日に7連勝で首位日本ハムと1.5ゲーム差とする[97]。一時は4位に後退するものの、終盤は楽天、ロッテとクライマックスシリーズ進出を争い、10月4日に楽天が西武に敗れたため、ソフトバンクがクライマックスシリーズ進出を決めている[98]。最終的に67勝65敗、首位から6.5ゲーム差の3位。チーム防御率は2年連続リーグトップだったが、打撃陣は得点5位、得点圏打率最下位と低迷した。クライマックスシリーズファーストステージでは、西武と対戦し2勝1敗で勝ちあがるが[99]、続くファイナルステージで日本ハムと対戦、3連敗で敗れた[100]。二軍はウエスタンリーグで4年ぶりに優勝している[101]。小久保裕紀が現役引退[102]。攝津正が最優秀投手・最多勝利投手・沢村栄治賞を、内川聖一が最多安打を獲得。8勝を挙げた武田翔太が特別表彰(優秀新人賞)を受賞。この年のドラフトでは、亜大東浜巨を一位指名、西武・DeNAとの競合の末獲得[103]。オフには、寺原隼人が7年ぶりの復帰[104]、人的補償として馬原孝浩がオリックスに移籍[105]。MLB・ヤンキースを自由契約となった五十嵐亮太を獲得[106]。多村仁志、吉川輝昭神内靖とのトレードでDeNAから吉村裕基江尻慎太郎山本省吾を獲得した[107]
2013年
充実した戦力で優勝候補筆頭とも言われながら、外国人選手が投打にわたって軒並み振るわず[108]、先発投手不足にも悩まされる[109]など苦戦。2年ぶり4度目のセ・パ交流戦優勝こそ達成した[110]ものの、交流戦終了後は攝津が登板する試合以外勝てないなど不調が続き[111]、7月24日には最下位に転落[112]。西武ドームで西武に同一カード3連勝した8月15日に西武を抜き3位に浮上[113]して以降はAクラスを維持、9月18日に勝利した時点でロッテを抜き2位浮上[108]、4位の西武と5ゲーム差まで開いた[114]にもかかわらず、翌19日以降の残り14試合で5勝9敗とズルズル後退[108]、終盤の西武ドームでの直接対決で連敗した10月3日には、直前10試合で8勝2敗の好成績を挙げた西武に逆転されゲーム差なしの4位に転落[114]、同月5日、シーズン最終戦となる対日本ハム戦に勝利し連敗を3で止めるも、この試合後に西武が対楽天戦に勝利したことでソフトバンクの4位が確定し、クライマックスシリーズ進出の可能性がなくなった[108]。長谷川が、ホークスの外野手としては1955年の飯田徳治以来58シーズンぶりとなる全試合フルイニング出場、かつパ・リーグ歴代3位のシーズン198安打を放ち首位打者と最多安打のタイトルを獲得するなど活躍し[115]、チームの総得点660総失点562、得失点差98というリーグトップクラスの成績を残しながらも[108]、王監督時代最終年の2008年以来5年ぶり、秋山監督が指揮をとってからは初のBクラスとなった[108]。なお二軍は2年連続の優勝と5年ぶりの日本一を決めている[116]。シーズン途中、斉藤和巳が現役復帰を断念し退団[117]。オフには大型補強に乗り出し、FAで鶴岡慎也中田賢一を獲得[118]。MLB・アスレチックスから岡島秀樹が復帰[119]。他球団を退団したジェイソン・スタンリッジ(6年ぶりの復帰)、デニス・サファテ[120]ブライアン・ウルフ[121]李大浩[122]を獲得した。一方、ブライアン・ファルケンボーグが楽天へ[123]山崎勝己[124]ウィリー・モー・ペーニャ[125]がオリックスへ移籍した。
2014年
交流戦では首位で迎えた最終戦で、2位の巨人との直接対決に敗れ、2位に終わる[126]9月6日の対西武戦(ヤフオクドーム)に6対2で勝利し、12球団で最初のクライマックスシリーズ進出を決めたが[127]、その後は最後までオリックスとの激しい優勝争いとなり、一時は残り試合数の関係で2位のオリックスに優勝へのマジックナンバーが点灯し、逆にソフトバンクは9月17日から1勝9敗で最後までマジックナンバーが点灯せず、迎えたシーズン最終戦のヤフオクドームでのオリックスとの直接対決で、延長10回裏に松田宣浩のサヨナラ打で3年ぶり通算18度目のリーグ優勝を達成した。マジックナンバーが点灯せずに優勝したのは1992年のヤクルト以来22年ぶり[128]で、シーズン最終戦での優勝決定はNPB史上8度目、最終戦でのサヨナラ勝利による優勝決定はNPB史上初となった[129]。また、シーズン観客動員を246万8442人として、実数に近い発表となった2005年以降の球団記録を更新[130]10月14日に監督の秋山幸二の今季限りでの監督退任が発表された[131]。日本ハムとのCSファイナルステージ(ヤフオクドーム)はアドバンテージの1勝を含む4勝3敗で勝利し、3年ぶり日本シリーズ進出[132]、阪神との日本シリーズでは4勝1敗で3年ぶりに日本一となった[133]。11月1日、次期監督は工藤公康が就任すると発表された[134][135]。オフに横浜DeNAベイスターズを戦力外になった北方悠誠、さらにニューヨーク・メッツから松坂大輔が移籍。

工藤監督時代[編集]


2015年
4月を3位で終えるも、5月17日にはそれまで首位だった日本ハムを抜き首位に立つ[136]。交流戦は12勝6敗、首位・日本ハムと0.5ゲーム差の2位で終えるも、6月16日の阪神対日本ハム戦で日本ハムが敗れたことで、ソフトバンクの交流戦勝率1位が確定[137]。チーム打率・287、チーム本塁打・23本、90得点はいずれも12球団トップ[138]。前半戦は、2位日本ハムと3.5ゲーム差の首位で終える。8月5日の対日本ハム戦に勝ったことで、マジック38が点灯。福岡移転後、最速での点灯となった[139]9月6日、対楽天戦に5-3で勝利し3位以内が確定、両リーグ一番乗りでのクライマックスシリーズ進出を決めた[140]9月17日、本拠地での対西武戦に5-3で勝利し、パ・リーグ最速でリーグ優勝を決める[141]。リーグ優勝は2年連続19回目、リーグ連覇は2010年・2011年以来の5回目となる。9月26日の対ロッテ戦勝利で南海・ダイエー時代を含めて、史上5球団目の球団通算5000勝を達成[142]。10月4日の対楽天戦に勝利し、シーズン90勝を達成[143]。シーズン90勝は、球団では南海時代の1956年に96勝(52敗6分け)して以来59年ぶり[144]。最終的には、2位・日本ハムに12ゲームという大差をつけてのリーグ優勝となった。クライマックスシリーズファイナルステージでは、ファーストステージ勝者のロッテと対戦。初戦の内川のサヨナラヒットで先手を取ると、李大浩が期間中に2本のホームランを放つなど打線が爆発し、シーズン中の勢いそのまま4勝0敗(アドバンテージの1勝を含む)とストレート勝ちで、2年連続で日本シリーズ進出を決めた[145]東京ヤクルトスワローズと対戦した日本シリーズでは、4勝1敗で2年連続7度目の日本一を達成。日本シリーズ連覇は21世紀初と球団史上初となった[146]柳田悠岐が打率.363、本塁打34本、盗塁数32個の成績で、首位打者のタイトル獲得と同時にトリプルスリー(3割30本30盗塁)を達成し、パ・リーグMVPにも選出された[147]。ドラフトでは高橋純平を3球団競合の末獲得[148]。また、MLB・カブスより和田毅が復帰[149]。一方、李大浩がMLB・マリナーズへ[150]、スタンリッジがロッテへそれぞれ移籍[151]。そして松中信彦がNPB他球団での現役続行を視野に退団するも[152]、獲得球団が現れなかったため現役を引退[153]
2016年
この年の3月より二軍の本拠地が、福岡市雁の巣レクリエーションセンター野球場からHAWKSベースボールパーク筑後へ移転した[154]
前年同様、前半戦は快調に首位を飛ばし、セパ交流戦でも2年連続の勝率一位チームになるなど、一時は史上初の6月マジック点灯の可能性さえあった。しかし、中盤から最大11.5ゲーム差あった日本ハムの怒涛の追い上げを喰らい、その間主力選手の故障・不振者が続出。特に救援投手の故障・不振者の続出が深刻で、この年のシーズン先発投手勝利12球団トップを記録したものの、救援勝敗では5月以外勝ち越しがなく、後半戦の8月の月間成績における救援勝敗は0勝6敗を記録。その結果失速の一途をたどり、8月末には日本ハムに首位を奪われてしまう。そこから日本ハムとの熾烈な首位争いに突入するも、9月21日・22日の対日本ハム2連戦に連敗[155]。9月28日に日本ハムが優勝を決定させたことにより、リーグ2位が確定[156]
クライマックスシリーズではリーグ3位のロッテと対戦。2連勝のストレートで勝利し、リーグ2位としては2009年の楽天以来7年ぶりにファイナルステージ進出を決めた。ファイナルステージでリーグ優勝の日本ハムと対戦。2勝4敗で、日本ハムに敗戦。3年連続の日本シリーズ出場は、ならなかった。
2017年
開幕前の2月11日、ロッテを退団したアルフレド・デスパイネを獲得。また、開幕日の3月31日に、シカゴ・カブスを自由契約となっていた川崎宗則を獲得した。1シーズンのチーム最小失策38のタイ記録を達成[157]。同様の記録は西武ライオンズの38個[158]
おひつじ座|姓名判断|霊視
ほくろ除去|血液型占い|結婚
ネットでお得にコンタクトレンズ購入
コンタクトレンズ・ケア用品豊富な取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(1.2.ダイエー時代)
[6]次ページ
(3.チームの特徴)

89. 『プロ野球 改革元年〜未来へ 2005プロ野球総決算』、ベースボール・マガジン社、2006年1月、 36 - 37頁。
90. “ホークス、またも短期決戦に泣く”. 福岡ソフトバンクホークス (2010年10月20日). 2015年10月31日閲覧。
91. 日本プロ野球では2007年の巨人に次ぐ2例目。
92. シーズン1位で日本シリーズに進出しなかった例では2005年などのソフトバンクがある。
93. “ソフトバンク本社 870億円でヤフードームを買収”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2012年3月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/03/25/kiji/K20120325002899690.html 2012年10月20日閲覧。 
94. “ゲームレポート 2012年3月30日福岡ソフトバンク 対 オリックス”. 福岡ソフトバンクホークス (2012年3月30日). 2015年10月31日閲覧。
95. “1球356万円…ペニー退団 日本になじめず本人が希望”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2012年5月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/05/09/kiji/K20120509003211430.html 2012年10月20日閲覧。 
96. “ソフトB16年ぶり借金ターン チャンスに若手沈黙…”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2012年7月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/18/kiji/K20120718003702300.html 2012年10月20日閲覧。 
97. “ソフトB7連勝で首位ハムに1・5差!細川「突っ走る」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2012年8月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/08/22/kiji/K20120822003956720.html 2012年10月20日閲覧。 
98. “青山「こんな形で終わりたくなかった。申し訳ない」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2012年10月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/04/kiji/K20121004004259840.html 2012年10月20日閲覧。 
99. “試合トップ 2012年10月15日埼玉西武 対 福岡ソフトバンク”. 福岡ソフトバンクホークス (2012年10月15日). 2015年10月31日閲覧。
100. “試合トップ 2012年10月19日北海道日本ハム 対 福岡ソフトバンク”. 福岡ソフトバンクホークス (2012年10月19日). 2015年10月31日閲覧。
101. “ソフトバンク ウエスタンで4年ぶり優勝ロッテとファーム選手権”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2012年9月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/19/kiji/K20120919004148620.html 2012年10月20日閲覧。 
102. “引退の小久保 サプライズ両軍ナイン胴上げに「感謝」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2012年10月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/19/kiji/K20121019004366050.html 2012年10月20日閲覧。 
103. “プロ野球:中日は福谷、西武は増田、楽天は森…1位指名”. 毎日.jp. (2012年10月25日). http://mainichi.jp/sports/news/20121026k0000m050015000c.html 
104. “寺原隼人投手入団のお知らせ” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2012年12月4日), http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/9327.html 2015年10月31日閲覧。 
105. “オリFA寺原の人的補償に馬原獲得”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年1月13日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130113-1071484.html 2015年10月31日閲覧。 
106. “ソフトバンク:五十嵐を獲得 3年契約、背番号53”. 毎日.jp (毎日新聞社). (2012年11月16日). http://mainichi.jp/sports/news/20121117k0000m050026000c.html?inb=fs 
107. “横浜DeNAベイスターズとの複数トレードについて” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2012年11月5日), http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/9266.html 2015年10月31日閲覧。 
108. “秋山ホークス惨敗4位 就任5年目初の144試合目終戦”. 西日本スポーツ. (2013年10月6日). http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/44371 2013年10月6日閲覧。 
109. “最終戦 東浜初完封締め 来季タカ投に希望の光”. 西日本スポーツ. (2013年10月6日). http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/44368 2013年10月6日閲覧。 
110. “秋山ソフトB 最多4度目交流戦V!12球団トップ131得点”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2013年6月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/14/kiji/K20130614006009120.html 2015年10月31日閲覧。 
111. “タカ貯金ゼロ、摂津抜きだと10連敗”. 読売新聞. (2013年7月8日). http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/20100927-777923/news/20130708-OYS1T00226.htm 2013年10月6日閲覧。 
112. “「鷹の祭典」ファン落胆、ミス連発で最下位転落”. 読売新聞. (2013年7月25日). http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/20100927-777923/news/20130725-OYS1T00307.htm 2013年10月6日閲覧。 
113. “内川3連勝呼ぶ、ソフトバンク3位浮上”. 読売新聞. (2013年8月16日). http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/20100927-777923/news/20130816-OYS1T00207.htm 2013年10月6日閲覧。 
114. “【プロ野球】西武、おかわり弾で3位浮上 中村「久々に気持ちいい当たり」”. MSN産経ニュース. (2013年10月3日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/131003/bbl13100323480016-n1.htm 2013年10月6日閲覧。 
115. “長谷川胸張れ ハセメーター伸びず大台達成は来季へ”. 西日本スポーツ. (2013年10月6日). http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/44370 2013年10月6日閲覧。 
116. “【速報!】ホークス二軍が5年ぶり日本一に輝く!”. 福岡ソフトバンクホークス (2013年10月6日). 2015年10月31日閲覧。
117. “斉藤コーチが会見「悔いしかない。でも、心から感謝」「ピッチャーで、よかった」”. 福岡ソフトバンクホークス (2013年7月29日). 2015年10月31日閲覧。
118. “新入団のお知らせ” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2013年12月7日), http://softbankhawks.co.jp/news/detail/10363.html 2015年10月31日閲覧。 
119. “岡島秀樹投手入団のお知らせ” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2013年11月26日), http://softbankhawks.co.jp/news/detail/10344.html 2015年10月31日閲覧。 
120. “新外国人選手の入団について” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2013年12月17日), http://softbankhawks.co.jp/news/detail/10388.html 2015年10月31日閲覧。 
121. “新外国人選手の入団について” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2013年12月18日), http://softbankhawks.co.jp/news/detail/10394.html 2015年10月31日閲覧。 
122. “新外国人選手の入団について” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2013年12月24日), http://softbankhawks.co.jp/news/detail/10402.html 2015年10月31日閲覧。 
123. “ブライアン・ファルケンボーグ選手との契約合意に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2014年1月8日). 2015年10月31日閲覧。
124. “山崎勝己選手獲得のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2013年11月29日). 2015年10月31日閲覧。
125. “ペーニャ選手獲得のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2013年12月11日). 2015年10月31日閲覧。
126. “原巨人、2年ぶり2度目の交流戦V!猛打爆発 2回で7点圧勝!”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2014年6月22日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/06/22/kiji/K20140622008418360.html 2015年10月31日閲覧。 
127. “ソフトB CS両リーグ一番乗り決めた!投打噛み合い4連勝”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2014年9月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/09/06/kiji/K20140906008883530.html 2015年10月31日閲覧。 
128. “ソフトB 3年ぶりリーグV!サヨナラ決着、22年ぶりM点灯なしの頂点”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2014年10月2日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/02/kiji/K20141002009033390.html 2015年10月31日閲覧。 
129. “ソフトB松田 史上初!最終戦サヨナラV「食らい付いていった」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2014年10月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/03/kiji/K20141003009034960.html 2015年10月31日閲覧。 
130. “ソフトB、年間の観客動員数を更新”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年10月2日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20141002-1376499.html 2015年10月31日閲覧。 
131. “秋山監督が退任会見「日本一まで、やり遂げたい」”. 福岡ソフトバンクホークス (2014年10月14日). 2015年10月31日閲覧。
132. “ソフトB 3年ぶり日本S進出!25日から甲子園で阪神と激突”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2014年10月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/20/kiji/K20141020009137260.html 2015年10月31日閲覧。 
133. “MVPは内川!目は真っ赤「本当に大事なのはマッチが打ってくれた」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2014年10月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/30/kiji/K20141030009198100.html 2015年10月31日閲覧。 
134. 工藤氏が新監督就任=プロ野球・ソフトバンク
135. “工藤公康氏の福岡ソフトバンクホークス監督就任について” (プレスリリース), 福岡ソフトバンクホークス, (2014年11月1日), http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/11471.html 2015年10月31日閲覧。 
136. “工藤監督、初首位 先発起用川島が移籍1号決勝弾”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年5月18日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1478285.html 2015年11月1日閲覧。 
137. “ホークス交流戦「1位」が決定!”. 福岡ソフトバンクホークス (2015年6月17日). 2015年11月1日閲覧。
138. “交流戦勝率1位はソフトB!賞金総額1500万円手に”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2015年6月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/06/17/kiji/K20150617010556540.html 2015年11月1日閲覧。 
139. “工藤マジック 代打本多サヨナラで最速M38灯した”. 日刊スポーツ. (2015年8月6日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1518645.html 2016年2月5日閲覧。 
140. “ソフトバンクがCS進出 両リーグ一番乗り”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2015年9月6日). http://www.nishinippon.co.jp/nsp/nbp/article/s/193503 2015年11月1日閲覧。 
141. “ソフトB ぶっちぎり連覇!1年目工藤監督、パ最速Vで歓喜”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2015年9月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/09/17/kiji/K20150917011151480.html 2015年11月1日閲覧。 
142. “ソフトバンクが球団通算5000勝飾る”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年9月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1544537.html 2017年4月15日閲覧。 
143. “楽4―5ソ(4日) ソフトバンクが90勝”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2015年10月4日). http://www.nishinippon.co.jp/nsp/nbp/article/199170 2015年11月1日閲覧。 
144. “プロ野球:ソフトバンク、59年ぶり90勝”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年10月4日). http://mainichi.jp/sports/news/20151005k0000m050047000c.html 2015年11月1日閲覧。 
145. “ソフトB、4番内川3戦連続V打で日本S決めた!“下剋上”ロッテを撃破”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2015年10月16日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/10/16/kiji/K20151016011332080.html 2015年11月1日閲覧。 
146. “ソフトバンクが球団史上初の連覇 工藤監督9度舞う”. 日刊スポーツ. (2015年10月29日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1559231.html 2016年2月5日閲覧。 
147. “柳田選手が2015年のパ・リーグMVPに!”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. (2015年11月26日). http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/12756.html 2015年12月15日閲覧。 
148. “【ドラフト】1位高橋純平投手!計11人を指名!”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. (2015年10月22日). http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/12638.html 2015年12月15日閲覧。 
149. “和田毅投手入団のお知らせ”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. (2015年11月7日). http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/12693.html 2015年12月15日閲覧。 
150. “李大浩、マリナーズとマイナー契約”. 日刊スポーツ. (2016年2月4日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/1600457.html 2016年2月5日閲覧。 
151. “ロッテ・スタンリッジが入団会見「優勝目指したい」”. 日刊スポーツ. (2016年2月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1601084.html 2016年2月6日閲覧。 
152. “松中選手が会見「退団し、ボロボロになるまで…」”. 福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. (2015年9月29日). http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/12558.html 2015年12月15日閲覧。 
153. 松中信彦が引退「この4カ月は最後の挑戦だった」
154. “ソフトバンクが来年3月筑後市にファーム本拠地移転”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年9月18日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1540003.html 2015年9月18日閲覧。 
155. プロ野球 日本ハム マジックナンバー「6」が点灯NHK 2016年9月22日
156. “ソフトバンク試合途中にV3消滅、故障者続出し失速”. 日刊スポーツ. (2016年9月29日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1717002.html 2016年9月29日閲覧。 
157. ソフトバンク鉄壁!過去最少38失策でシーズン終了
158. https://full-count.jp/2017/10/07/post86976/

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/10/22 19:02
金融|ワンピース|星座占い
賃貸|運命の赤い糸|懸賞
ソ人気記事ランキング
2017/10/23 更新
 1位徳島ラジオ商殺し事件
 2位青木歌音
 3位相棒の登場人物
 4位10月22日
 5位中二病でも恋がしたい!
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant