福岡ソフトバンクホークス
資格|四柱推命|無料相性占い
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
1.球団の歴史
1.2.ダイエー時代

平和台時代[編集]


1988年
11月1日関西国際空港開業に伴う難波再開発事業を推し進め、不採算の球団を売却しようとする南海側と、福岡再開発事業の目玉に球団を保有し、九州を核としてアジアも視野に入れた商圏拡大を目論むダイエー側の思惑が一致し、南海電鉄は「ホークス」の名を残すことと監督・杉浦忠の留任を条件に、球団をダイエーに売却した。当初はダイエーのグループ会社であり、九州を中心にスーパーマーケットをチェーン展開していたユニードが有力買収先と報じられ「福岡ユニードダイエーホークス」となる予定だったが、最終的にはダイエーが買収した。これは当時ユニードが経営難だった為である。
本拠地は福岡市平和台球場に移され、球団名及び会社名も「福岡ダイエーホークス」と改められた。新天地の福岡は、かつて南海と覇権を激しく争った西鉄ライオンズの本拠地だっただけに福岡のファンに受け入れられるか心配されていたが、10年ぶりのプロ球団設置に地元では歓迎ムードの方が大きかった。それでも移転後ダイエーがしばらく下位低迷を続けたこともあって、スタンドには空席が目立つことも多く、当時の対西武戦では西武ファンの割合が多かった。
1989年
4位に終わるも、優勝した近鉄に13勝11敗2分け、2位・オリックス・ブレーブスに12勝13敗1分け、3位・西武に11勝13敗2分けと上位球団と互角に戦い、最終的に1位と3位の勝率が2厘差というパ・リーグ史上最大の混戦を演出する立役者となった。さらに準本拠地(当時)の北九州市民球場では7戦全勝だった。投手陣では初の二桁の12勝を挙げた加藤伸一が軸となり[72]、野手では佐々木誠藤本博史岸川勝也などの新戦力も台頭[72]。10月5日の西武戦では8点差をひっくり返す大逆転劇を見せた[72]井上祐二が27SPでチーム初タイトル[72]。杉浦はこの年をもって監督を勇退。田淵幸一が監督に就任。ヘッドコーチに黒田正宏、打撃コーチに大田卓司と田淵と西武時代同僚だった2人がコーチで就任。直後のドラフトで野茂英雄のはずれ1位指名で元木大介の交渉権獲得も入団を拒否される。
1990年
開幕直後に投手コーチの中西勝己が休養。田淵はウィリー・アップショートニー・バナザードと確執を起こし[73]、アップショー、バナザード共にシーズン中に帰国・退団[74]。4月3勝12敗、5月6勝16敗1分と低迷。4年ぶりの最下位。チーム打率、本塁打、得点、失点、防御率はすべてリーグ最下位[75]。パ・リーグ全5球団に負け越し、勝率.325・85敗は2リーグ制以降の球団のワースト記録[72]。 防御率5.56は当時のワースト記録[76]10月28日、田淵がセレクション会議に提出する他球団リストを公表、球団は厳重注意、減俸10%の処分を科した[77]。同年オフ首脳陣が刷新され投手コーチに権藤博、守備走塁コーチに広瀬叔功、打撃コーチに高畠導宏、二軍監督に柴田猛が就任した。
1991年
門田が3年ぶりに復帰した。権藤の手腕も光り村田勝喜が前半戦に10勝、池田親興もストッパーに転向して活躍[78]。前半戦は4位で終える[78]。上位を狙える位置にいたが村田、本原正治が故障で途中離脱、本塁打20本打っていた岸川も離脱したこともあり失速し5位に終わる[78](日本ハムが全日程を終了した時点で2連敗中であったが、残り5試合〔全てロッテ戦〕で1勝すれば4位は確保できた。だが、1引き分けのあと4連敗を喫して最終戦で5位に転落。この最終戦は、ロッテが川崎球場を本拠地とした最終戦でもあった)。広瀬の指導で盗塁数は急激に伸び、特に阪神からトレードで来た大野久は盗塁王を獲得し、大野(42)、佐々木(36)、湯上谷宏(30)と30盗塁以上を3人輩出しチーム盗塁数は両リーグトップの141を記録した[79]
1992年
ブーマー・ウェルズが入団。ルーキー若田部健一が開幕から先発ローテーションに加わり、負け越したものの二桁勝利を上げる。一時期7年ぶりの単独首位になるも5月下旬7連敗[75]、以降低迷し4位。なおオリックスに15勝11敗で22年ぶりの勝ち越し。佐々木が首位打者、盗塁王を獲得。監督の田淵は解任され[75]、門田、山内孝徳、この年打点王を上げたブーマーが引退。1992年を最後に平和台球場から移転。この時期積極的に交換トレードを敢行。生え抜きでも佐々木や吉永幸一郎、村田といった若手の成長、この時期のトレードで獲得した選手は今井雄太郎島田誠、門田、有田修三永射保広橋公寿新浦壽夫と引退間近な高年齢の選手が目立ち、池田、大野、本原といった成功例はあったものの1 - 2年のみ活躍した後は長続きしなかった。

福岡ドーム時代[編集]


1992年
オフに根本陸夫が監督に就任。翌春、日本初の開閉式屋根を持つドーム球場として福岡ドームが完成すると同時にユニフォームのデザインも変更された。
1993年
ドーム移転初年度のシーズンは、ブーマー、門田の抜けた穴は大きく、その上福岡ドームが当時の日本一広い球場であるがゆえに、ホームゲーム60試合でわずか18本塁打しか打てず、投手陣も平和台時代の惨状が改善されないまま最下位に転落。これで南海時代の1978年からこの年まで16年連続シーズン負け越しで、これは国鉄スワローズが記録した15年連続(1962年 - 1976年)を更新した日本プロ野球ワースト記録である。同年11月に佐々木誠村田勝喜橋本武広とのトレードで、西武から秋山幸二渡辺智男内山智之を獲得。また、この年のドラフトでは小久保裕紀を獲得している。
1994年
福岡に移転後初めて優勝争いに加わり、阪神よりFA移籍した松永浩美や西武から移籍した秋山、助っ人のケビン・ライマーブライアン・トラックスラー、既存戦力のカズ山本藤本博史吉永幸一郎浜名千広という重量打線、投手陣では村田の抜けた穴を若田部・吉田豊彦下柳剛が埋め、ルーキーの渡辺秀一が新人王を獲得するなどしたが、秋山と一緒に来た渡辺智男・内山がことごとく期待に応えられず結果わずかの差でAクラス入りを逃して4位となった。しかし、南海時代の1977年以来17年ぶりに勝ち越した(最終的に貯金が9あった)。同年オフのドラフト会議では、駒澤大学への進学を内定していた城島健司を1位指名した。また、FAで西武から石毛宏典工藤公康も移籍。根本はこの年のオフに監督を勇退。
1995年
王貞治が監督に就任。前年のチームの躍進、そして西武から石毛・工藤の加入。大リーグからケビン・ミッチェルを獲得など、周囲の期待は大きかった。しかし、ミッチェルは開幕戦で満塁本塁打を放つも横柄な態度を繰り返し無断帰国。前年活躍した松永・カズ山本・吉永・ライマー、移籍の石毛などがけがや不調。前年奮闘した投手陣も軒並み不調・けが人続出で工藤以外全く計算ができない状況だった。2年目の小久保が28本塁打で本塁打王を獲得以外明るい話題がないままシーズンは5位の結果に終わる。
1996年
この年は大不振で、5月9日日生球場での対近鉄戦。この日で9勝22敗と大きく負け越しており、この試合に敗れた後、日頃の采配を疑問視されていた王が乗ったバスに、ファンから生卵がぶつけられるという事件が発生した(詳細は後述[80]。シーズンは、日本ハムから移籍の武田一浩が15勝、3年目のヒデカズ(渡辺秀一)が防御率リーグ3位、6年目の村松有人が58盗塁で盗塁王を獲得するが、小久保は前年の活躍でマークされ打率を大幅に下げ、秋山はチームバッティングに徹して久々に3割をマークするものの本塁打がわずか9本に終わる。工藤も最多奪三振のタイトルを獲得するもののリーグ最多敗戦するなど、結局最下位に終わった。この年で南海時代から19年連続Bクラスとなり、それまで広島が保持していた連続Bクラス日本記録である1950年から1967年までの18年連続を更新した。
1997年
前年に行われたアトランタオリンピックの野球日本代表で大活躍した井口資仁松中信彦がドラフトで入団。3年目の城島健司が開幕から正捕手として起用され、周囲の期待は高かった。前年終盤からマスクをかぶりこの年正捕手になった城島は規定打席到達、3割二桁本塁打を放ち、それまで正捕手だった吉永が指名打者で3割29本塁打を放ち、小久保が打点王を獲得するが、井口がオープン戦で故障。復帰初戦初本塁打が満塁ホームランを放ち鮮烈なデビューを飾るがそのあとはプロの洗礼を浴びる。松中も金属バットから木製バットへの対応が遅れ戦力にならず、投手陣も前年の勝ち頭武田が好投しても全く勝てず、工藤以外計算できる投手不在で、投打にわたり帯に短したすきに長しとなり日本ハムと同率の4位に終わり(しかし前年度の順位が日本ハムの2位に対しダイエーは最下位だったため、扱いは5位)、20年連続Bクラスでかつ4位以下。連続4位以下の記録は近鉄の1950年から1968年までの19年連続を更新する日本プロ野球ワースト記録となった。
1998年
プロ野球脱税事件により小久保、ヒデカズ、斉藤貢本間満藤井将雄が開幕からしばらく出場停止にあい、さらに小久保は復帰してまもなく大けがでシーズンを棒に振る。エース工藤、ストッパー岡本克道がシーズン途中で離脱。そんな苦しい中、2年目の柴原洋・井口がレギュラーを獲得。武田が最多勝、吉田修司が最多ホールド獲得、近鉄から移籍の西村龍次もローテーション守り5年振りの10勝を挙げカムバック賞を獲得。結果オリックス・ブルーウェーブと同率の3位に入り、南海時代から続いていた連続Bクラスの記録は20年で止まる(5連敗で閉幕するも、のちにオリックスも西武とのダブルヘッダーに連敗して閉幕し同率となった。ともに勝率.500だが、ダイエーは67勝、オリックスは66勝で、勝利数はダイエーが上回っていた)。ただし前年度の順位がオリックスの2位に対しダイエーは同率4位だったため、翌1999年の本拠地開幕権を獲得できなかった。
この年、「球団職員がアルバイト学生に金銭を渡し、相手捕手のサインを応援バットの動きで選手に教えさせていた」という疑惑が西日本新聞の報道で持ち上がった。疑惑を持たれた選手は吉永幸一郎大道典良柳田聖人で、写真付きで大々的に報じられたために問題となったが、フロントはこれを強く否定。その後パ・リーグ特別調査委員会による調査も行われたが証拠は挙がらず、現在でも実際にあったかは不明のままとなっている。なお、スパイ行為は本拠地(福岡ドーム)で行われていたと報道されたが、疑惑の3選手の打率を他球場と比較したところ、2選手については本拠地での打率がわずかに高かったが、残りの1選手は本拠地の打率の方が低かった。
1999年
前年オフにFAで武田が中日へ移籍したが、この年投手コーチとして就任した尾花高夫が手腕を発揮する。先発の穴を2年目の永井智浩星野順治を抜擢し共に10勝をマーク、同じく2年目の篠原貴行が中継ぎながら14勝1敗で最高勝率のタイトルを獲得。藤井が最優秀中継ぎ投手、工藤が最優秀防御率・最多奪三振・シーズンMVP獲得。若田部がここ数年の不振を脱出し5年ぶりに10勝する。結果、長年課題と言われていた投手力で福岡移転後初のリーグ優勝を達成。この時、シーズン終了直前まで総得点が総失点を下回り、史上初の珍事かと話題になったが、最終的には総得点が上回った(総得点563、総失点553)。サヨナラ勝ち12回は12球団最多だった[75]。さらに日本シリーズでは中日ドラゴンズを4勝1敗で下し、日本一となった[81]。秋山が2本の本塁打とファインプレーでシリーズMVPを獲得し、西武時代の1991年につづき史上初の2球団での日本シリーズMVP獲得者となった。
2000年
FAでエース工藤が抜け、藤井が肺癌のため離脱(その後、同年10月13日に現役選手のまま死去)したものの、前年とは逆に打撃陣がチームを引っ張りリーグ2連覇を達成する。日本シリーズでは長嶋茂雄率いる巨人との対戦で「ON対決」と騒がれた。開幕から敵本拠地で2勝したがそのあと4連敗で敗れた。なお、同年のチーム最多勝は先発では若田部、永井の9勝(若田部に至っては負け越している)。リリーフでは吉田、篠原の9勝であり、二桁勝利投手0人でのレギュラーシーズン最高勝率や日本シリーズ出場は史上初である。
この年の日本シリーズは第2戦と第3戦の間、第5戦と第6戦の間の移動日がなく、第3戦までの3連戦から2日空けて第4戦から4連戦という変則日程となった。これは1997年に福岡ドームが、2000年の日本シリーズ開催日として予定されていた10月24日から10月27日までの4日間を、日本脳神経外科学会のイベントを開くために球団の許可なく貸し出したためである。1998年秋に問題が発覚し、日程変更などを求めたが不可能となり、球場変更などを模索したもののこれも出来ず、脳神経外科学会が26日のイベントを午前で打ち切るなど一部縮小して対応したため、このような変則日程となった。なおこの問題は球団が球場確保を怠った責任があるとしてNPBは3000万円の制裁金を球団に科した。
2001年
終盤まで近鉄と西武と優勝争いするも、最後は近鉄に敗れて2位に終わり、3連覇を逃した。この年、優勝した近鉄には19勝9敗と大幅に勝ち越したものの、西武ドーム千葉マリンスタジアムで3勝11敗とビジターで弱かったのが敗因となった。この年は30本塁打以上の選手が4人出るなど(パ・リーグ初)ダイハード打線と呼ばる打線が猛威を振るった(小久保裕紀44本、松中信彦36本、城島健司31本、井口資仁30本でチーム全体では203本塁打)。
2002年
5月14日5月15日台湾台北市立天母棒球場で、日本プロ野球の公式戦としては戦後初となる台湾での試合が興行された(対オリックス戦。試合は1勝1敗、詳細は後述)。しかしその後正捕手城島がけがで離脱等もありチームは失速。優勝した西武に16.5ゲーム差をつけられる惨敗を喫するも近鉄と同率2位に終わる。この年のオフ、秋山が現役引退。この年の勝ち頭だった若田部がFAで横浜へ移籍。
2003年
オープン戦で小久保が膝に重傷を負ってシーズンを棒に振ったが、代役として三塁に入った川ア宗則が活躍。前年まで1982年以来21年連続で負け越していた西武にも16勝12敗と勝ち越し、全球団に勝ち越し、3年ぶりのリーグ優勝を達成。阪神との日本シリーズを4勝3敗で制し[82]、4年ぶり6度目[83]の日本一を達成した[84]。打線はチーム打率が日本新記録となる.297で、打率3割の打者が6人、また、史上初の100打点の選手を1チームで4人(井口資仁109打点・盗塁王も獲得、松中信彦123打点・打点王を獲得、城島健司119打点・シーズンMVPを獲得、ペドロ・バルデス104打点)出し、この「100打点カルテット」を中心に活躍した(詳細はダイハード打線を参照)。また、柱不在と言われていた投手陣は、前年4勝ながら開幕投手を努め、パ・リーグでは18年ぶりの20勝投手となった斉藤和巳。新人ながら14勝を上げて新人王となった和田毅、同じくルーキーの新垣渚、和田・新垣と同じ年の二年目杉内俊哉寺原隼人等の前年とは全く一新された先発投手陣の活躍があった。しかし、優勝パレード直後の11月3日に小久保が巨人への無償トレードされることが発表され(小久保事件)、多くのファンのみならず選手・関係者からも抗議が殺到した。
2004年
先発投手陣が不調・けが人が出るものの、打線がこの年も健在。特に打撃三冠王を獲得した松中がリーグMVP、抑え投手として活躍したルーキーの三瀬幸司最優秀救援投手新人王に輝き、ベストナインにも4名が入り、レギュラーシーズンを1位で終えたが、この年から新たに導入されたプレーオフ第2ステージで西武に2勝3敗で敗れ、リーグ優勝を逃した[85]。10月に秋山が二軍監督として球団に復帰した。
10月13日、経営再建をしていたダイエーが自主再建を断念して産業再生機構への支援を要請し、機構側が「国営ホークスになることは無い」と語ったことから球団の売却が濃厚になる。一方で、オリックスと近鉄の合併問題に端を発したプロ野球再編問題なども絡み、ロッテとダイエーを合併して「福岡ロッテホークス」を発足させる案が取り沙汰されたこともあった。観客動員数の伸び悩みや千葉市の財政難などに苦しむマリーンズ側と、親会社の経営難に苦しむ一方で、地理的に近い韓国への足がかりを狙っており、韓国にもプロ野球球団を持つロッテに大きな魅力を感じていたホークス側の思惑もあり、ロッテとの合併説も強く噂されることとなった。しかし、最終的には11月30日に、IT企業大手のソフトバンク(現在のソフトバンクグループ)が球団を総額200億円で買収することなどを正式発表し、同日付でNPB(日本プロフェッショナル野球組織)への加盟申請を行い、12月24日に加盟申請(球団譲渡)がプロ野球オーナー会議で承認され、翌年1月28日にダイエーが持つ球団株式(所有割合98%、残りの2%は中内正オーナー〈当時〉が継続保有)をソフトバンクが50億円で譲り受けることで問題は決着した。
同時にソフトバンクとホークスタウンは、営業譲渡と合わせ20年間の福岡ドーム使用契約を結んだ。1年間の球場使用料は48億円となる。また、同日付でコロニー・キャピタル傘下のホークスタウンが所有する興行権を150億円で取得する営業譲渡契約を締結することで合意した。同日、ソフトバンクは新球団名「福岡ソフトバンクホークス」と球団ロゴマークを発表。なお、次項に掲載しているマスコットや球団の応援歌などについてはダイエー時代のものを必要最小限の変更にとどめ、そのまま継承することを合わせて発表した。
太字は現在福岡ソフトバンクホークスに在籍している選手。
霊視|ふたご座|モテ期
婚活|運命の人|夢占い
ネットでお得にコンタクトレンズ購入
コンタクトレンズ・ケア用品豊富な取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(1.1.南海時代)
[6]次ページ
(1.3.ソフトバンク時代)

72. 九州20年史 2008, p. 28.
73. 九州20年史 2008, p. 34.
74. 九州20年史 2008, p. 32.
75. 『週刊プロ野球データファイル』2011年30号、ベースボール・マガジン社2011年、 33 - 34頁。
76. 2003年オリックス・ブルーウェーブが5.95で更新。
77. 『日本プロ野球事件史 1934-2013 秘蔵写真で振り返る衝撃のプロ野球史』 ベースボール・マガジン社、2013年、98頁。
78. ホークス75年史 2013, pp. 82 - 83.
79. 九州20年史 2008, p. 29.
80. この試合は日生球場で行われた最後のプロ野球公式戦だった。
81. 球団の地元である北部九州地区でRKB毎日放送で中継された第5戦は、ビデオリサーチ調べで平均視聴率47.1%(RKB毎日放送史上1977年・1978年の日本レコード大賞に次ぐ歴代3位)、瞬間最高視聴率71.6%という驚異的な数字を記録した。ダイエー日本一視聴率71.6%、スポーツ報知、1999年10月29日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
82. この対戦は互いにホームグラウンドで全勝したため、内弁慶シリーズと呼ばれた。
83. 上記のとおり1リーグ時代から数えてとなる。
84. “王ダイエー日本一 星野監督勇退”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 1. (2003-10-28(朝刊)) 
85. 年間最高勝率球団たるポストシーズン敗退=日本シリーズ不出場は73年阪急・75年近鉄・79年阪急・82年日本ハムに次ぎ史上5度目。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/10/21 17:02
前世占い|脱毛|転職
賃貸|がん保険|セルライト
ソ人気記事ランキング
2017/10/21 更新
 1位徳島ラジオ商殺し事件
 2位相棒の登場人物
 3位10月20日
 4位中二病でも恋がしたい!
 5位いぬやしき
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant