サービス終了のお知らせ
復讐者に憐れみを
▼人気記事ランキング
概要
復讐者に憐れみを』(ふくしゅうしゃにあわれみを、原題:??? ?? ?)は、パク・チャヌク監督による2002年公開の韓国映画。同監督の『オールド・ボーイ』、『親切なクムジャさん』と合わせて「復讐三部作」と呼ばれている。

ストーリー[編集]

聾唖の青年リュウ(シン・ハギュン)は姉の腎臓病の治療のため、工場の退職金をつぎ込んで闇で移植用の腎臓を求めようとするが、失敗。皮肉にもその直後、姉のドナーが見つかったという連絡を受ける。だが、手術の費用は闇組織に奪われ、既に彼の手元にはなかった。

仕方なくリュウは、同じ聾唖学校に通うユンミ(ペ・ドゥナ)と共に身代金誘拐を企てる。ターゲットは会社社長ドンジン(ソン・ガンホ)の幼い娘だった。

誘拐は成功し、二人はドンジンに身代金を要求する。別段危害を加えようとはしない二人に、幼い娘もそれなりに懐き、全てはうまくゆくかに見えた。しかし姉は、弟が彼女を救うため犯罪行為に手を染めたことを知り、悲嘆のあまり自殺してしまう。二人は姉の遺体を河川敷に埋葬するが、一瞬目を放した隙に、少女は川で溺れてしまう。助けを求める彼女の声が聾唖であるリュウの耳に届くことはなく、少女はそのまま溺死してしまい、身代金を払った父親の元へと戻ることはなかった。

そして、娘を奪われた父親のなりふり構わぬ復讐が始まる。

キャスト[編集]

その他声の出演:斉藤次郎佐藤しのぶ宝亀克寿石住昭彦竹口安芸子土屋利秀三ツ木勇気恒松あゆみ泉裕子根津貴行
日本語版制作スタッフ:演出:高橋剛、翻訳:春山陽子、制作:プロセンスタジオ
リュウと川辺の青年は、それぞれ聴覚障碍者と脳性麻痺の設定であり、劇中に明確なセリフなく、吹替を担当した武藤、赤城は細かい息づかいや唸り声を吹き替えている。

影響[編集]

本映画のワンシーンに、日本の漫画家いがらしみきおの漫画『ぼのぼの』が登場する場面があるが、これは監督のパク・チャヌクがいがらしのファンであり、ぼのぼのの大ファンでもあることから取り入れたものである[2]

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/02/24 04:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/29 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位2月28日
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant