サービス終了のお知らせ
武道
▼人気記事ランキング
5.競技化
5.3.スポーツとの関係
GHQ第二次世界大戦前、武道は国民の戦意高揚などに利用されたとした。それに関連して武道団体の公職追放が起き武道は廃止の危機となった。後に占領軍から民主的なスポーツとして実施するよう勧告された。そのため戦後の武道はスポーツ色が強い。

2000年代公益法人制度改革以前は、日本武道協議会に加盟している9連盟(柔道剣道弓道相撲空手道合気道少林寺拳法なぎなた銃剣道)はすべて文部科学省スポーツ庁の所管に属し、行政上スポーツに分類されていた。

現在も事実上スポーツの一種として扱われているが、スポーツとの関係をどうとらえるかは、以下のように、組織や個人により様々である。「スポーツ」を「体育」や「格闘技」に置き換えても同じようなとらえ方がそれぞれ存在する。

スポーツと武道は対立概念でありスポーツ性が増せば武道性は減る。
スポーツと武道は対立概念ではなく、武道でありスポーツでもある事は可能。
武道の一部にスポーツの部分があるだけで、いくらスポーツの部分が多くなっても全体としてはあくまでも武道に過ぎない。
ジョギングチェスヨガでさえ、スポーツなのだから、武道も当然、スポーツである。したがってどんな形をとろうが武道はスポーツである。
ルールに則って営まれる身体行為はスポーツであり、ルールのない護身修養行為が武道である。
スポーツは運動学に、武道は哲学に由来するものである。
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/03/12 02:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant