父なる神
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
多くの宗教において、最高位のは「父性」を持ち、「」と呼称される。多神教の多くでは、最高神は神々および人類の「父」と考えられている。古代イスラエル宗教および現代ユダヤ教では、ヤハウェは創造主、立法者、守護者であり、「父」と称される。キリスト教においても、同様の理由により神を「父」と呼ぶが、特にイエス・キリストと神との父子の関係からいう。一般的に、神性に対し当てはめた「父」の名称は、神に属している至高で強力な権威、父祖、守護者であることの源が神自身であることを示している。
目次
1.多神教
2.インド・ヨーロッパ語族の「父なる神」
3.唯一神教
├3.1.ユダヤ教
├3.2.キリスト教
└3.3.性別
4.脚注
5.関連項目
出典:Wikipedia
2018/12/18 10:00
ソ人気記事ランキング
2019/04/24 更新
 1位日本
 2位上級国民
 3位岡村孝子
 4位4月23日
 5位ルパン三世 ルパンVS複製人間
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant