サービス終了のお知らせ
父と暮せば
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
父と暮せば』(ちちとくらせば)は、井上ひさしによる戯曲こまつ座により1994年9月に初演。『新潮1994年10月号に掲載され、1998年5月に新潮社より刊行された。原爆投下後の広島を舞台に被爆した父の亡霊と娘を描いた二人芝居で、『木の上の軍隊』『母と暮せば』へと続くこまつ座「戦後“命”の三部作[2]」の第1作と位置づけられる。第2回読売演劇大賞優秀作品賞受賞作。
黒木和雄監督により2004年映画化された。
目次
1.概要
2.あらすじ
3.こまつ座以外の公演
4.書誌情報
5.映画
├5.1.スタッフ
├5.2.キャスト
├5.3.受賞
└5.4.原作との相違
6.脚注
├6.1.注釈
└6.2.出典
7.関連項目
8.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/11/13 22:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/29 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位2月28日
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant