表現の自由
▼人気記事ランキング
4.表現の自由の制約と合憲性審査基準
4.2.目的審査の基準
目的審査とは制限の目的が合憲か否かの審査をいう[23]

合理性の基準
明白かつ現在の危険の原則
明白かつ現在の危険の原則はもともと合憲性判定基準として用いられていたものではなく、表現行為を処罰する法令に対する限定解釈の手法にすぎなかったが、1940年代に連邦最高裁多数派によって法令自体の合憲性判定基準として認められるようになったものである[25]
日本の下級審判決には明白かつ現在の危険の原則を採用したとみられるものがある(東京地判昭和42・3・27判時493号72頁など)。なお、最高裁では公職選挙法第138条第1項について「害悪の生ずる明白にして現在の危険があると認められるもののみを禁止しているのではない」として適用を否定した判例がある(最判昭和42・11・21刑集21巻9号1245頁)。
[4]前ページ
(4.1.二重の基準論)
[6]次ページ
(4.3.手段審査の基準)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/03 11:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/15 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位池田大作
 4位9月14日
 5位早坂隆信
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant