サービス終了のお知らせ
廃線
▼人気記事ランキング
1.廃線の要因
1.4.災害による廃線
地震水害土砂崩落といった災害により路線が寸断されたことが原因で廃止された路線も数多くある。また、被災前から「沿線人口や旅客・貨物の減少」という廃線の基礎条件があり、自然災害での被害をきっかけに廃止された路線も少なくなく、広義では経営の悪化による廃線といえなくも無い。

仙北鉄道草軽電気鉄道近鉄八王子線松本電鉄上高地線の一部区間や、岩泉線柚木線東濃鉄道駄知線鹿児島交通枕崎線高千穂鉄道高千穂線などが該当する。

現在では災害で大被害を受けた場合に災害復旧事業の一環として鉄道を復旧させる事例も多いが、被災状況によっては予算を捻出できず廃止となることもある。また、災害やその復旧に伴う線形改良で旧線が廃止となるケースも存在する。

重要幹線は復旧工事の費用を当該路線の運賃収入で充当できることが多いため、突貫工事で復旧工事が進められ阪神・淡路大震災で甚大な被害を受けた山陽新幹線阪急電鉄阪神電気鉄道などが数か月で全線復旧した一方、ローカル線では沿線の被害も甚大で工事用道路から先に復旧しなければならなかったり、復旧費用の捻出が困難[7]なことから地元自治体に復旧費用の一部を負担を要請せざるを得ず、結果として年単位での長期間[8]を要したり、気仙沼線只見線日高本線など復旧が遅々として進まないケースも見受けられる。また長期間の不通の後に復旧しても利用者の逸走が著しく、結果として廃線となってしまうこともある[9]

なお、阪神・淡路大震災では山陽電気鉄道西代駅 - 板宿駅間の地下化工事が完成間近であり、周辺被害も相当であったため従来の地上区間の復旧は行わず地下線で開通させた事例もあり、旧路線はそのまま廃止された。これも廃線のひとつである。

[4]前ページ
(1.3.線路が新線の建設予定地にあったことによる廃線)
[6]次ページ
(1.5.戦争による廃線)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/11 12:02
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant