農林物資の規格化等に関する法律
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
農林物資の規格化等に関する法律(のうりんぶっしのきかくかとうにかんするほうりつ、昭和25年5月11日法律第175号)は、日本農林規格(JAS規格(ジャスきかく))の制定、保護の仕組みや認定機関・飲食料品以外[1]の農林物資の品質表示などについて定める日本法律。一般には、JAS法(ジャスほう)と呼ばれる。
所管官庁は、農林水産省及び消費者庁。前者は主にJAS規格の規格基準等の策定を担当し、後者はJAS規格品以外、いわば「食品」全般の表示基準を担当する。
目次
1.法律の目的とその変遷
2.構成
3.関連項目
4.脚注
5.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/07/13 06:00
ソ人気記事ランキング
2019/05/27 更新
 1位日本
 2位小嶺麗奈
 3位キングコング: 髑髏島の巨神
 4位インデペンデンス・デイ
 5位研音グループ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant