サービス終了のお知らせ
認知の歪み
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
認知の歪み(にんちのゆがみ、Cognitive distortion)とは、誇張的で非合理的な思考パターン(irrational thought pattern)である。これらは精神病理状態(とりわけ抑うつ不安)を永続化させうるとされている。
この概念は精神科医アーロン・ベックが基礎を築き、彼の弟子のデビッド・D・バーンズがその研究を引き継いだ。最も有名なのはバーンズが1989年に著した『フィーリングGoodハンドブック』であり、これらの認知パターンを学び、かつ除去する方法を記している[1]
こういった思考パターンは、その個人に現実を不正確に認識させ、ネガティブな思考や感情を再強化させうるとされている[2]。バーンズは、気分や感情は事実ではなく、逆に「歪んだ考え方がマイナスの気分を生み出す」と述べている[3]
目次
1.種類
├1.1.スプリッティング(全か無かの思考)
├1.2.〜すべき思考
├1.3.行き過ぎた一般化
├1.4.心のフィルター
├1.5.マイナス化思考
├1.6.結論の飛躍
├1.7.拡大解釈、過小解釈
├1.8.感情の理由づけ
├1.9.レッテル貼り
└1.10.個人化
2.認知の改善
3.自己愛的防衛
4.脚注
5.参考文献
6.関連項目
出典:Wikipedia
2020/01/29 14:02
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant