サービス終了のお知らせ
美徳のよろめき
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
美徳のよろめき』(びとくのよろめき)は、三島由紀夫長編小説。全20節から成る。人妻姦通(婚姻外の恋愛)を描いた作品で、多くの大衆読者を獲得した作品である[1][2]。結婚前の男友達と再会し関係を持ち、官能に目覚めたヒロインが妊娠中絶を繰り返した苦しみの末に、別れを決心するまでの1年間を描いた物語。フランス心理小説の趣を生かした文体で、ヒロインの背徳を優雅に表現している。「よろめき」という言葉は流行語になり、「よろめき夫人」「よろめきドラマ」という言葉が流行った[1][2][3]
1957年昭和32年)、文芸雑誌『群像』4月号から6月号に連載された[1][4]。単行本は同年6月20日に大日本雄弁会講談社より刊行され、30万部のベストセラーとなった[5][2][注釈 1]。同年9月15日には、限定版『美徳のよろめき』も刊行され、10月29日には月丘夢路主演で映画も封切られた[6][7]。文庫版は1960年(昭和35年)11月5日に新潮文庫で刊行された[6]。翻訳版は中国(中題:美徳的動揺)、イタリア(伊題:Una virt? vacillante)で行われている[8][9]
目次
1.あらすじ
2.作品評価・研究
3.映画化
├3.1.キャスト
└3.2.スタッフ
4.テレビドラマ化
5.ラジオドラマ化
6.おもな刊行本
└6.1.全集収録
7.脚注
├7.1.注釈
└7.2.出典
8.参考文献
9.関連項目
10.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/12/22 18:32
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant