美しい星 (小説)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
美しい星』(うつくしいほし)は、三島由紀夫長編小説。三島文学の中では異色のSF的な空飛ぶ円盤宇宙人を取り入れた作品で、執筆当時の東西冷戦時代の核兵器による人類滅亡の不安・世界終末観を背景に、宇宙的観点から見た人間の物語を描いている[1][2]。読みどころとなっている作中後半の、人類滅亡を願う宇宙人と、滅亡の危機を救おうとする宇宙人との論戦は[3]ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』の「大審問官」の章を意識していたことが、三島の創作ノートに記されている[4]。三島自身が非常に愛着を持っていた小説でもある[5]
1962年(昭和37年)、文芸雑誌『新潮』1月号から11月号に連載され、同年10月20日に新潮社より単行本刊行された[6][7]。なお、この年には長男・威一郎が誕生している[8]
翻訳版は、スウェーデン(典題:Den vackra stj?rnam)、中国(中題:美麗的星)などで行われている[9]。三島は英訳を強く希望し、当時ドナルド・キーンに何度も翻訳依頼したが、キーンはこの小説を気に入らなかったために英訳は実現しなかった[10][5]
目次
1.あらすじ
2.登場人物
3.作品背景
├3.1.時代情勢
├3.2.UFO研究会
└3.3.SF小説好き
4.文壇の反響
5.作品評価・研究
6.その他
7.テレビドラマ化
8.ラジオドラマ化
9.舞台化
10.映画
├10.1.キャスト (映画)
└10.2.スタッフ(映画)
11.おもな刊行本
└11.1.全集収録
12.脚注
├12.1.注釈
└12.2.出典
13.参考文献
14.関連項目
15.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/06/29 13:03
ソ人気記事ランキング
2019/12/12 更新
 1位日本
 2位無名塾出身の俳優一覧
 3位松本ちえこ
 4位12月11日
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant