飛地
▼人気記事ランキング
1.概説
1.4.本土と飛地が水域で分断されているケース
上記のケースに当てはまらず、本土と飛地が同一の陸地に所属しないケースである。これが飛地かどうかについては、微妙なケースである。以下にさらにケースを細分化する。

ある行政単位Aが、複数の島にわたって複数の領域をもつとする。そのとき、Aの所属するある一つのにおいて、その島に存在する行政単位がAだけの場合は、その島は飛地と呼ばれることはまずない。例えば、広島県廿日市市における厳島東京都における伊豆大島などは飛地ではない。Googleマップ

上記の通り一般的に島は飛地ではない。しかしながら、その島に複数の行政単位の境界線が通っている場合は、飛地となり得る。具体的には、ある島の対岸に、複数の行政単位AとBが存在するとする。AとBが、その島にも領域を有しており、その島内にそれらの境界線が引かれている場合は、飛地の可能性がある。例えば、大阪府関西国際空港の空港島とそれを分断する対岸の自治体(泉佐野市田尻町泉南市)は、空港島をめぐって交通が分断されていることもあって、飛地を構成しているといえる可能性がある。Googleマップ また、瀬戸内海において岡山県香川県の県境で分断された井島なども、場合によっては飛地とみなされることもある[2]。Googleマップ

上記の通り境界線を持つ島は飛地である可能性がある。しかしながら、島に境界線がなくても、飛地となる可能性もある[2]。この場合は島である必要はなく、本土と海峡などによって分断されているだけの領域も含まれる。例えば、茨城県猿島郡境町は、利根川北岸が本土であるが、町の境界線が利根川を越えて南岸側にもかかっている。この境町の利根川南岸の領域は、飛地と呼べる可能性がある。Googleマップ しかしながら、仮定の話ではあるが、もしも、この利根川南岸の領域が、本土となどで連絡した場合は、これを飛地として扱うかは意見の分かれるところである。一方で、逆に、橋ができたが故に、飛地とみなされる可能性が出た例もある。長崎県松浦市には、福島という島がある。福島には境界線はなく、上記の原則にあてはめれば、飛地ではない。しかし、1967年に福島と佐賀県伊万里市に間に橋がかけられた。これにより、松浦市の本土から福島へは、伊万里市を通らねばならなくなったため、福島は松浦市の飛地と呼べる可能性がある。Googleマップ なお、2008年時点で、陸路・海路とも、福島と伊万里市を結ぶ交通手段はあるが、福島と松浦市は直接結ばれていない[2]

[4]前ページ
(1.3.本土と飛地が同一の陸地に所属し、飛地が水域に面しているケース2)
[6]次ページ
(1.5.二重飛地)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/02 21:00
ソ人気記事ランキング
2018/10/15 更新
 1位日本
 2位AV女優一覧 あ行
 3位斉木楠雄のΨ難
 4位三浦和義
 5位今日から俺は!!
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant