飛地
▼人気記事ランキング
1.概説
1.2.本土と飛地が同一の陸地に所属し、飛地が水域に面しているケース1
ある行政単位Aが、同一の地に複数の領域をもつとする。そして、Aの本土は内陸にあり、一方で、Aの本土以外の領域が水域に面しているとする。かつ、それらのAの複数の領域が、別の行政単位Bの領域によって分断されているとする。そのとき、Aのこれらの領域は、本土と飛地の関係にあるといえる。この場合も、上記と同じく多数の者が飛地であると認める事が多い。パレスチナ自治区ヨルダン川西岸地区(本土)に対するガザ地区(飛地)が例として挙げられる。Googleマップ
[4]前ページ
(1.1.飛地が内陸部で他の行政単位に完全に囲まれているケース)
[6]次ページ
(1.3.本土と飛地が同一の陸地に所属し、飛地が水域に面しているケース2)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/06/07 18:00
ソ人気記事ランキング
2018/07/15 更新
 1位梶居勝志
 2位麻原彰晃
 3位BANANA FISH
 4位土谷正実
 5位7月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant