飛地
▼人気記事ランキング
1.概説
1.1.飛地が内陸部で他の行政単位に完全に囲まれているケース
ある行政単位Aに対して、別の行政単位Bが近傍に存在しているとする。そこで、Bの内部領域にAの領域が存在し、かつ、そのB内部のAの領域が完全にBの領域で囲まれているとき、その囲まれた領域はAの飛地である。このケースに限っては、ほとんどの者がこれを飛地と認め、そのことには異論がないことが多い[2]。なお、ここでは仮に、本土と飛地を分断する行政単位を単一のBとした。が、本土と飛地を分断する行政単位は複数であってもよい。例えば、行政単位Aに対して、複数の行政単位BとC(及びD、E、F…)の領域によって分断された飛地もある。これは以下のケースでも同様である。日本和歌山県北山村アゼルバイジャンナヒチェヴァン自治共和国が例として挙げられる。Googleマップ
[4]前ページ
(1.概説)
[6]次ページ
(1.2.本土と飛地が同一の陸地に所属し、飛地が水域に面しているケース1)

2. 浅井建爾 『日本列島飛び地の謎』 廣済堂出版、2008年。。 

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/01/03 12:00
ソ人気記事ランキング
2018/01/20 更新
 1位三毛別羆事件
 2位石狩沼田幌新事件
 3位有安杏果
 4位1月19日
 5位ルパン三世 カリオストロの城
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant