反知性主義
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
反知性主義(はんちせいしゅぎ、英語: Anti-intellectualism)とは、知的権威やエリート主義に対して懐疑的な立場をとる主義・思想[1][2]。言葉自体は、1950年代アメリカ合衆国で登場したとされ[3]、その後リチャード・ホフスタッター1963年に『アメリカの反知性主義』で示したものが知られる[4]
一般には「データやエビデンスよりも肉体感覚やプリミティブな感情を基準に物事を判断すること(人)」を指す言葉として思われているが、実際にはもっと多義的な観点を含む[4][5]。また、その言葉のイメージから、単なる衆愚批判における文脈上の用語と取られることも多いが、必ずしもネガティブな言葉ではなく、ホフスタッターは健全な民主主義における「必要な要素としての一面」も論じている[4]。むしろ、知的権威・エリート側の問題を考えるために、反知性主義に立脚した視点も重要だとも説く[6][4]。知性と権力が結びつくことへの、大衆の反感が反知性主義の原動力にあり[2]、反知性主義が否定するのは「知性」自体ではなく「知性主義」、すなわち「反・知性」の主義思想ではなく、「反・知性主義」の主義思想なのである[7]
目次
1.反知性主義の登場と意味合い
2.アメリカ史から見る反知性主義の成り立ち
3.反知性主義とされるもの
4.日本における「反知性主義」の用法
5.脚注
├5.1.注釈
└5.2.出典
6.参考文献
7.関連項目
出典:Wikipedia
2019/09/12 12:01
ソ人気記事ランキング
2019/09/17 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位凪沢怜奈
 4位池田大作
 5位9月16日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant