反ユダヤ主義
▼人気記事ランキング
8.現代
8.8.その他の地域
第二次世界大戦後、ホロコースト否認も登場したが、反ユダヤ主義として批判されている。

ポーランドでは1968年に、反ユダヤ主義に反対したアダム・ラパツキが解任された。2017年にはポーランドやハンガリーで反ユダヤ主義が蔓延しているとされる[1119]
1979年ヨハネ・パウロ2世ローマ教皇として初めてアウシュヴィッツ強制収容所を訪問し、1983年4月には教皇として初めてローマの大シナゴーグを訪れた。
イタリアでは1992年11月にネオファシストがローマの商店街に黄色の星と「シオニストは出て行け」と記したステッカーを貼り付けた[1130]
戦後日本では反イスラエルの日本赤軍が26人を殺害するテルアビブ空港乱射事件を起こしたほか、日ユ同祖論、ユダヤ陰謀論などが度々刊行されている(詳細は日本における反ユダヤ主義)。
ジンバブエ共和国大統領ロバート・ムガベは2001年に南アフリカのユダヤ人がジンバブエの産業を支配しようとしており、また織物産業を閉鎖しようと共謀していると非難した[1131]
サウジアラビアでは、すべてがユダヤ人のせいにされ、エアコンや蛇口の故障もユダヤ人のせいにされるとアヤーン・ヒルシ・アリは報告している[1131]
[4]前ページ
(8.7.ソ連・現代ロシア)
[6]次ページ
(9.反ユダヤ主義の地域差)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/12 21:30
ソ人気記事ランキング
2019/08/24 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位山本美香
 5位文京区幼女殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant