鳩山由紀夫
▼人気記事ランキング
4.評価
4.1.政治家として
代表就任時には韓国メディアから好意的に受け止められた。麻生総理との関係について朝鮮日報は「鳩山氏は“打倒自民党”の先頭に立ったが、まさに彼の祖父は55年体制を作った鳩山一郎元首相だ」「そのとき権力の座を引き下ろされた吉田茂元首相の孫がいま自民党を率いる麻生首相」と両者の因縁の関係を披露している。そのうえで、「孫がおじいさんの遺産(自民党)をつぶそうとする局面に、政敵の孫が遺産を守る政治ドラマが脚本なしで進行している」とも伝えた[187]
アメリカのTime誌はアメリカとの対等なパートナーシップを目指し、日本を事実上の一党独裁体制から民主主義の機能する国へと変えることに尽力した、賞賛に値する政治家と評した[188]
産経新聞は、鳩山を「憲政史上に残るほど愚劣な宰相」と批判した[189]
読売新聞は、鳩山の総選挙不出馬の表明後の社説にて「再び混乱を引き起こさぬよう、政治とは無縁の世界で活躍してもらいたい。」と批判した[190]
御厨貴は総理時代の鳩山について「わずか9か月で退陣し、ただ国民に幻滅を与えただけの総理でした。」と評している[191]
第5回孔子平和賞の最終候補に「日中関係アジアの平和に対する貢献」などを理由に候補入りした[192]
[4]前ページ
(3.2.趣味)
[6]次ページ
(4.2.科学者として)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/08 23:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/21 更新
 1位日本
 2位徳勝仁
 3位山口組
 4位矢島健一
 5位10月20日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant