発生生物学
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
発生生物学(はっせいせいぶつがく, Developmental biology)とは多細胞生物個体発生を研究対象とする生物学の一分野である。個体発生とは配偶子の融合(受精)から、配偶子形成を行う成熟した個体になるまでの過程のことである。広義には老化再生も含む。
目次
1.発生生物学の内容
└1.1.再生
2.歴史
├2.1.発生の過程
├2.2.細胞説の影響
└2.3.発生機構の解明
3.分化の機構
4.関連項目
出典:Wikipedia
2017/01/14 13:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/24 更新
 1位日本
 2位島田さくら
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位山本美香
 5位文京区幼女殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant